「相手の様子や感情を尋ねるあいさつ」時の英会話

挨拶の英会話と言えば、

Hello, how are you? I’m fine, thank you.

と、お決まりのフレーズが紹介されますが、、、

親しい人や、友人なら、相手の顔や、様子で、もっと深く聞きますよね。

あなたが、相手の様子を見て、そのわけを尋ねるときの英語表現です。

簡単ですので、「使える」ようになってくださいね♪

似ている英語

怒る upset と angry、
笑う smile と laugh、
泣く weep と cry、
痩せる smart と slim

英単語の違いも紹介しますね。

A: なんで、(そんなに)
興奮してるの?

驚いてるの?

怒ってるの?

A: Why are you (so) excited?

A: Why are you (so) surprised?

A: Why are you (so) angry / upset?

相手の表情、様子を見て、その理由をシンプルに尋ねていますね。

excited

英和辞書には、「興奮して」などと書いてありますが、
実際、あなたが普段の会話で「興奮して」とは、あまり言わないですね。

辞書には、単語の意味を「書き言葉」で説明する場合が多いのですが、

あなたが、「英会話」を勉強しているなら、
ワクワク、ウキウキ、ドキドキ、
なんて、「楽しみにする」イメージで単語を覚えたいですね。

あなたが普段「話す言葉」「その時の感情」が、単語を覚える、使うのに大事なんですね。

angry / upset

「怒る、怒ってる」に、angry という単語がありますね。

ただ実際、私が「怒ってるの?」と日本語で言いたいシーンでは、英語では upset がよく使われますね。

これも、「英単語 ⇔ 日本語訳」の少しのズレだと思いますね。

upset は、文字通り、「ひっくり返る」ですから、

気持ちが、「通常でなくひっくり返る」→「動揺する」ですので、

不快なことを見聞きして、「動揺」 → 「怒る」状態ですね。

angry は、「怒る → 我を忘れて、理性を失い」など、「冷静に振舞えない人」という感じが少ししますね。

相手に Are you angry? と直接、面と向かって言うには「すこしキツイ言葉」のような感じがしますね。

言葉は、使われるシーンや、イントネーションで大きく意味やニュアンスが変わってしまいます。

A: どうして、(いつも)
楽しそうなの?

悲しんでるの?

A: Why are you (always) happy?

A: Why are you (always) sad?

always

「今日は特別」ではなく、いつも「楽しそう、悲しそう」

そんな感じの相手には always を使うと、便利ですね。

A: Why are you (always) happy?

なら、ポジティブな秘訣を聞けるかもしれませんし、

A: Why are you (always) sad, when …?

なら、悩み事を聞いてあげれるかもしれませんね。

あなたが、相手の様子を見て、そのわけを尋ねます。

A: どうして、泣いてるの?笑ってるの?

A: 今日は、とても素敵だね(イカシテルね、嬉しそうだね)。何かあるの?

A: Why are you weeping / crying?

A: Why are you smiling / laughing?

weeping / crying

どちらも、「泣く」ですが、

音の大きさ?は weep < cry の感じですね。

smiling / laughing?

smile は、ニコニコ、嬉しい、何か良いことがあるみたいな笑み

laugh は、可笑しくって笑ってるイメージですね。

やはり、使われる状況やイントネーションで様々な意味になりますので、

ぜひ、ドラマや映画など「映像」と共に、単語を覚えてくださいね。

A: You look so nice / great today.
What’s the occasion?

A: You look so pretty / smart today.
What’s the occasion?

A: You look so happy today.
What’s the occasion?

What’s the occasion?

これも、よく聞く決まり文句みたいな感じですね。

occasion を知らなくても、

「 TPO に合った服装、TPO によって服を選ぶ 」

この、TPO が、

Time・時, Place・場所, Occasion・場合=式・会・行事

ですね。

What’s the occasion?

パーティか、お祝いか、何かあるの?という感じでイメージするとよい表現ですね。

いつもより、ウキウキしてたり、服装がキマッテたり、髪を整えてたり、お洒落してたり、

そんな友達を見たら、使ってみてくださいね。

smart

smart は「頭が良い」という意味がありますね。

そして、

服装、身なりがきちんとしている様子にも使われますね。

日本語で「スマート」は、こちらの意味ですね。

やせている(太ってない)のは、slim を良く使いますね。

服装については、似たような言葉に、

fashionable, elegant, chic, sharp, stylish, trendy

などがありますね。

このように、英会話は、「単語や表現を知っている」というレベルでなく

相手の様子を見ながら、「使い分ける」ことが大切ですね。

日常よく使う表現も、「人と話す練習」をすることで、あなたの身についていきますね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン