A: お互い、しばらく会わなかったね。

B: 最近、忙しくってね。

A: We haven’t seen each other for a long time.

B: I’ve been busy lately.

「忙しかったんです」と言いたい時は、この B の例文をどうぞ。

A: 旅行で来たの?

B: ううん、ちがうわ。
仕事で来たの。

A: Are you here on vacation?

B: No, I’m not.
I’m here on business.

A: は「休暇」で、B: は「仕事」で、来ているんですか?」と尋ねていますね。

この2つのパターンが一番使いますから、「丸覚え」して使えるようになってくださいね。

こういう質問が会話のきっかけです。

英会話が苦手な人は、こういう「きっかけフレーズ」が少ないのです。

A: ハロー、Jessy.
久しぶり。
元気だった?

B: 上々だわ。
あなたは?

A: Hello, Jessy.
Long time no see.
How have you been?

B: Can’t complain.
How about yourself?

A: では、まず、名前を呼んでいますね。

あなたが英会話教室で、先生と会ったときに「名前」を呼んでいますか?

挨拶で、「名前」を呼ぶのは、ネイティブにはとても重要なことです。

A: の文は一息で、言い切れるように「くちぐせ」にしましょうね。
(約3秒)

B: の can’t complain なんか、イカシタフレーズですね。
使ってみてはいかがでしょうか?

A: いいよ。
そうそう、フォードで働いているんだって?

B: えぇ、っで?

A: Pretty good.
Hey, I heard that you work for Ford?

B: Yeah, so?

A: 会話の切り出しに、「Hey」を使ってます。

「So」も良い切り出しです。(by thw way だけだとちょっとねー)

B: は短いですが、ちゃんと質問には答えてますね。

最も短い、「答え」と「質問」です。

知ってるだけでなく、使いましょう。

「so」はイントネーションでさまざまな意味になりますね。

A: そこで、何やってるの?

B: エンジン組み立てのラインの責任者よ。

A: What do you do there?

B: I’m in charge of the engine assembly line.

A: は「職業を尋ねる」有名なフレーズです。

でも、状況でいろんな意味で使えますね。

フレーズの背景を理解することは大事ですよ。
(試験用丸暗記じゃ、ダ・メ・よ)

B: in charge of は、意外と、日常会話で使います。

固い意味だけではありませんね。

A: 重要そうだね。

B: 重要よ。

A: Sounds important.

B: It is.

A: 主語さえも聞こえてきません。

とにかくスピードですね。

B: この意味分かりますか?

「エンジン部門担当」ということで、「重要そうだね」と受け答えた相手に対して、

「重要そう」ではなく、「重要なの」と断言しています。
(場合によっては、きつい言い方にもなります)

会話では、短い文も多いですが、含みはたっぷりですね。

一文は短くて、シンプルですが、イントネーションにたくさんの意味が含まれていますよ。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン