【 音楽を聞けるモノを探しているんですけど 】

ショッピングの英会話をご紹介いたします。

お店に入ると、店員さんに声を掛けられますね。

A: いらっしゃいませ?
お手伝い致しましょうか?

A: May I help you?
A: Can I help you?
A: How may I help you?

How may I help you?

How は、「方法」を表しますので、

「 あなたのお買い物をどうやって、
お手伝いしましょうか?」

サイズを調べたり、商品の説明をしたり、、、
いろいろありますね。

探している商品を店員さんにたずねます。

B: 音楽をプレイできるモノを探しているんですけど。

B: I’m looking for something that can play music.

音楽を聞いたりビデオを見たりできるものがたくさんありますね。

特定のものや、名前が分からないときは、
something を使うと便利ですね。

something の後に、関係詞を使えば、そのモノに説明を付けることが出来ますね。

いくつか文を見て、慣れましょう。

that の後ろの文が that の前の名詞の説明ということを意識してください。

There’s something that you should know.
something ← あなたが知っておく

Don’t think about something that happened in the past.
something ← それは過去に起こった

There has to be something that we can do.
something ← 僕らができる

B: 黒の革のジャケットを探しているところです。

B: I’m looking for a black leather jacket.

B: あの水玉のスカートが気になるわ。
試着できるかしら?

B: I’m interested in that polka dot skirt.
Can I try that on?

try on は、洋服や靴など試してみるときに
使いますね。

try は、試してみる。
on は、身につける感じがありますね。

自分の体につけるイメージを利用すると
覚えやすいですね。

A: 試着室はあちらです、かどのところです。

A: The fitting rooms are over there, around the corner.

fitting room

試着室は、fitting room

その他にも、changing room や dressing room と呼ぶ場合もあるそうです。

一口コラム:

I’m interested in
私は興味があります。

これは

Be + Ved ⇒ 受身、受動態

と、同じ形ですね。

interest は、「人に興味を起こさせる」という他動詞ですね。

動詞
interest(興味を引く)

形容詞(現在分詞 ⇔ 過去分詞)
interesting ⇔ interested(おもしろい)

人の感情などに使われる多くの動詞が同じパターンですね。

「人を◯◯させる」というパターンは、まとめて覚えてくださいね。

動詞

tire(疲れさせる)

bore(つまらなくさせる)

excite(刺激を与える)

impress(感動を与える)

surprise(驚かす)

形容詞(現在分詞 ⇔ 過去分詞)

tiring ⇔ tired(疲れた)

boring ⇔ bored(つまらない)

exciting ⇔ excited(興奮する)

impressing ⇔ impressed(感動する)

surprising ⇔ surprised(驚く)

他にも、探してくださいね

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン