「体の調子」はいかがですか?

英語で知っておくと、海外旅行で緊急の時も役立ちそうですよね。

出かけた先で、熱が出ることって、意外と多いようですよ。

A: 手術の必要があるんですか?

B: いいえ、そんなに(そこまでは)悪くはありません。

A: Do I need an operation?

B: No, it’s not that bad.

手術は、operation で表せますね。

日本語でも、「オペ」なんて聞きますね。

it’s not that bad

この、that は、うまい表現ですね。

「手術をしなければいけないほどひどい」を指して、
「そこまでは、悪いわけではないですよ」という感じが伝わります。

こういう表現が自由にできたら、中級ですね!

A: 処方箋を書いてあげましょう。

B: 注射を打たないといけませんか?(should)

A: I write you a prescription.

B: Should I get a shot?

処方箋は prescription ですね。

pre が、「前に」、 script は「書く」、 tion は名詞形ですね。

長い単語、込み入って見える単語の中には、こんな風に、ある複数の意味の塊の場合が多いです。

それぞれのパーツから、意味が推測できそうですね。
(漢字のへんとつくりみたいなもの?)

A: 注射を打ちましょう。

B: 痛いですか?

A: I’ll give you a shot.

B: Will it hurt?

注射は、shot で表せます。

「狙いを定めてブスッっと!」銃のショット、ゲームのショット、似たイメージでしょうか?

Will it hurt? って、何だか弱虫みたい…

A: この処方箋を薬局に持っていて下さい。

A: Take this prescription to the drug store.

昔(ずーっ昔)は、病院で薬までもらっていましたよね。

アメリカで最初に prescription を持って、スーパーの薬局コーナーに薬をもらいに行った時は、慣れていないので結構変な感じがしました。

そうそう、「体の調子の表現」を復習しておきましょう!

B: I have a runny nose. (鼻水)

A: Have you been dizzy before? (めまい)

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン