小児科で出てきそうな英語の表現です。

A: あなたの赤ちゃん、どうされましたか?

B: 鼻水が出ます。

B: 吐くんです。

B: 高熱があるんです。

普通の人でも通常おきる症状だから、使えるようにしましょう。

A: What’s the matter with your baby?

with で対象(相手)を表しますね。

さて、赤ちゃんはどうしたでしょうか?

B: He has a runny nose.
鼻水

B: He vomits.
嘔吐

B: My baby has a high fever.
高熱

どれも使いそうな言葉ばかりです。

産婦人科で出てきそうな英語の表現です。

A: 生理がないんです。

B: 妊娠したかどうか調べたいですか?

A: つわりがとてもひどいんです。

B: それは普通ですよ。

A: 生理不順なんです。

B: 最近ストレスを感じますか?

A: I skipped a period.

B: Do you want to check if you’re pregnant?

「生理がない」はこの表現で行けるんですね。

一度、生徒さんに尋ねられたことがあるんですが、分かりませんでした。

A: I have a terrible morning sickness.

B: It’s natural.

morning sickness 朝方起こる吐き気、つわり、とありました。

hyperemesis gravidarum
つわりは医療用語?では、こんな怖そうな名前が。

hyperemesis が具合が悪い方
gravidarum が妊娠を意味する方です。

A: My periods are irregular.

B: Do you feel stressed recently?

period を覚えておけば、生理不順もこんな簡単に表現できちゃうんですね。

ちなみに生理のお堅い言葉は menstruation だそうです。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン