友達が具合が悪いようです。

相手の具合を聞くシーンでの英会話を学びましょう。

日本語は、普段使っている感じにしました。

こんな状況で、どの表現が良いか考えてみて下さいね。

A: あなたの顔、どうしたの?

B: 階段から落ちたんだ、そしてすりむいたんだ。

A: What happened to your face?

B: I fell down on the stairs and scratched it.

会話の出だしは、

What’s wrong?
What happened?

は、多いですよね。

さっと気遣いするのは会話でとても大事ですよね。

fell down on the stairs 階段から落ちる

scratched it かすり傷を負う

この表現は、使う機会も多そうですよね。

A: あなた大丈夫?

B: あぁ、見た目ほど悪くないよ。

A: Are you OK?

B: Yeah, it’s not as bad as it looks.

「見た目ほど悪くないよ」は、うまく表現できましたか?

ここにあるのは表現の一例ですからね。
でも、うまい表現です。

(次の会話)

A: どうしたの、Pam?

B: ひどい頭痛がするの。

A: What’s wrong, Pam?

B: I’ve got a terrible headache.

もう一つの会話の出だし、What’s wrong? ですね。

A: アスピリンを飲んだらどう?

B: そうしたいんだけど、持ってないの。

A: Why don’t you take some aspirin?

B: I’d like to, but I don’t have any.

頭痛薬の代わりに、「アスピリン」という商品名、商標名が出てきています。

他にもみられますが、商品名がそのまま、動作などの代名詞になることってよくありますよね。

昨日見た映画では Tylenol と言ってました。

こちらも痛み止めで、アメリカでは有名でした。

A: ちょっと待って。
私、バッグに持ってると思うわ。

A: Wait a minute.
I think I have some in my bag.

うっ!some と any の連続ですね。

肯定・疑問・否定として、捉えるのでなく、

some の「ぼんやり」、any の「ぜ~んぶ」

というイメージを大事にしてくださいね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン