A: あなたの助けが要るの、明日、クリス

A: I need your help tomorrow, Chris.

早速、今日の目玉1 「I need your help」

このフレーズ、「なーんだ」と思う人、まだまだです。(笑)

これが、海外での一番のサバイバルフレーズなんです。

私がこのフレーズを使うようになったのは海外生活3年目以降。

「相手の注意を引く」これが、海外サバイバルでは絶対に必要です。

英語の苦手な方、これだけは、覚えてね。(紳士、マダムを見つけて言うのがコツよ)

B: 何が要るの?

B: What do you need?

シンプルに切り返されても、ひるんじゃダメです。

A: 父に誕生日のプレゼントを買わないといけなくて
(そして)プレゼントを選ぶのが苦手なの。

A: I have to buy a birthday gift for my dad
and I’m not good at choosing gifts.

「have to」に、ヘルプを求めている気持ちが現れます。

あなたも、海外サバイバルの時には「have to」を付けるのを忘れずに!
(なーんだと思うけど、重要なのよコレが)

「I’m not good at」苦手を表す楽な表現ですね。

この表現で「得意」と「苦手」の両方使えるのでお得ですよね。

「否定」は表現力を2倍にします。(これもコツね)

B: (そんなの)簡単さ!
ただ、ショッピングモールに行って良いプレゼントが見つかるまで歩き回るんだよ。

B: That’s easy!
Just go to a shopping mall and walk around until you find the perfect gift.

あ~、みもふたもない答えですね。(笑)

A: あなたにとっちゃ、言うのは簡単だわ。
私なら、プレゼントを探すのに数時間はかかるんだから。

A: That’s easy for you to say.
It will take me hours to find a gift.

はい、基本構文です。「 It is 形容詞 for 誰 to 動詞 」

英語をスラスラ話すのに役立つ簡単な構文の一つです。

ポイントは、 「for 誰」を忘れないで下さい。
(あなたには簡単でも、私には難しいのですから)

時間がかかることは、It take(s) で表現できます。

今日は「コツ」盛りだくさんでした。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン