A: 間に合ったね。

B: うん。
遅れると思ったんだ、それで、ここまで走ってきたんだ。

A: Hey, you made it.

B: I know.
I thought I was gonna be late so I ran over here.

また、出ましたね。「make it」

間に合う、行ける、できる、都合つく、などたくさんのシーンでつかわれますね。

I thought I was gonna be late so I ran
遅れると思ったから、走った。「~だと思ったから、~した」

シンプルな文ですが、表現力がありますね。

普通の会話はこんな感じで進みますから、いろんな場面で使えるように自分のものにしましょう。

A: あぁ、ぎりぎり間に合ったね。

B: なぜか分かんないんだけど、朝、たんに起きれなかったんだ。

A: Yeah, you barely made it.

B: I don’t know why but I just couldn’t get up in the morning.

barely made it かろうじて間に合った

bare は、「裸の」ですので、「最小限 → かろうじて」ですね。

I don’t know why but I just couldn’t get up

「なぜか分かんないけど、ただ、出来なかった。」

自分の事だけど、自分でも分からないことありますよね。

前文と同様、いろんな場面で使えますね。

こういうニュアンスを伝える表現は、口癖のように慣れましょうね。

A: えー、いつも何時に寝るの?

B: だいたい(午前)3時くらいかな。

A: だからだよ。(そりゃ、当然さ)

A: Well, what time do you usually go to bed?

B: At about 3 in the morning.

A: No wonder!

朝の3時に寝るなら、それから朝に起きるのは難しいですよね。

「分からない」ことが無いので no wonder ですね。

どうですか?とくにムズカシイ単語も、表現もありませんね。

英語で話せるようになるのに、こういう普通の会話の例文をたくさん聞くことは、とても大事です。

「文を作る」前に、「みんなが普段、どう話しているのを聞く」

幼児が言葉を覚えていく過程と同じですね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン