男性が女性をデートに誘おうとしています。

でも、恥ずかしくてうまく言えません。

わたし、このやりとり結構、好きなんですよね。

ガイジンが、「話すのに詰まっている」様子は、何かホッとするものがありますね。

A: ハイ、ケイト。
あー、、、俺、、、あー、、、

B: 何よ、アダム?
言ってよ!

A: Hi, Kate. Umm… I… am…

B: What is it, Adam?
Say it!

A: 何 あー、、、何してる 今夜?

B: なんで?
なんで聞くの?

A: What uh… What are you doing tonight?

B: Why?
Why did you ask?

Why? ← 理由のない質問には、容赦ない why 攻撃が待ってます。

A: 俺、考えてんだけど、あー、、、

B: あなた、私をデートに誘ってるの?

A: I was thinking, uh…

B: Are you trying to ask me out?

A: えー、あー、うー、ウン!
俺とデートしてくれないかなぁ、ケイト?

B: ダメよ、ゴメンなさい。
行けないの。

A: Well,… uh… umm… , yes!
Would you like to go out with me, Kate?

B: No, I’m sorry.
I can’t.

A: ガ~ン、、、
ただ、俺は思った、、、

A: Gee…
I just thought…

Gee ← これは、ある言葉の変形ですね。

皆さんはあまり使うことはないと思いますが、意味は知っていても良いと思います。

B: 今日はママの手伝いをしなきゃいけないの。
明日はどう?

A: えッマジ?
うぉ=!すんばらしいぃ!

B: I have to help my mom tonight.
How about tomorrow?

A: Really?
Wow, that will be wonderful.

「デートの会話」です。

A: 僕と一緒に出かけるのはどうでしょうか、明日?

B: わぁ、そう言われるとうれしいけど、でも、行けないわ。

A: Would you like to go out with me tomorrow?

B: Wow, I’m flattered, but I can’t.

「デート」のパートの例文は、go out のオンパレードです。

I’m flattered はよく使われます。

flatter は「お世辞、ゴマすり」みたいでちょっと悪いイメージの感じがしてたのですが、

この、I’m flattered は、「まぁ、うれしいわ!」という、喜んでいる感じが多いです。

何かちょっと褒められたら、使ってみましょうね。

A: どこかとても素敵なところへ行きましょう。

B: どこか知っていますか?

A: Let’s go somewhere very nice.

B: Do you know any place?

A: このコンサートのチケット、一枚あまっているんだけど。

A: 僕と一緒に行くのはどうかなぁと思っているんだけど。

A: I have an extra ticket to this concert.

A: I was wondering if you’d like to go with me?

チケットがあまっている ⇔ have an extra ticket

直訳ではしっくりきませんね。

B: 行きたいわぁ。

A: 9時に始まります、だから私が8時ごろにあなたを迎えに行きましょうか?

B: I’d love to!

A: It starts at 9 pm, so why don’t I pick you up around 8?

wonder を使うと、「どうなのかなぁ~」と自分が悩んでいるところを相手にみせて、

相手の気持ちを確かめることができますね。

こういうのが、英語独特の丁寧語ですね。

so は短い文をつなぐのにとっても便利です。

ドンドン英会話で使いましょう。

8時ごろは今回、around を使ってますね。

自分の得意な言い方でどうぞ。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン