A: 何時に、私にそこに居てもらいたい?

B: 6時ならいいわ。

A: What time do you want me to be there?

B: Six will be fine.

「you want me to be there」
あなたは、私に、そこにいてもらいたい

ですね。

誰かに、してもらいたい、やってもらいたい時は

I want 「誰」 to 「やってもらうこと」

ですね。

よく使うパターンなので、ぜひ使えるようにしてくださいね。

A: あなた、今、こっちに向かってるの?

B: 向かっているところだよ。

A: Are you coming here now?

B: I’m on my way.

はい、come と go は、よく、「こんがらがっちゃいます」

自分なりの「法則」を見つけてくださいね。

例えば、

come : 来 : 一緒になる

go : 去 : 離れていく

on my way は、「(行く・向かう)途中、途上」を表しますね。

A: すみません、遅くなりました。

B: 大丈夫ですよ、でも、これからは時間通りにしてみてね。

A: I’m sorry I’m late.

B: It’s OK, but try to be on time from now on.

遅刻がちな人は覚えましょう。

せめて、「あやまる」フレーズぐらい、スパッと言えば、先生も許してくれるかな?

on time で、「時間通り」ですね。

from now on は、「今から、そして、この先ずーと」というふうに、

「範囲のスタート(地点) + 続く(範囲)」を示しますね。

from now (on なし)の場合は、範囲のスタート(地点)を示します。

例:Let’s say it’s a year from now.
今からを一年としてみましょう。

よく使う表現なので、何度もみるうちに、分かるようになりますね。

「よく使う表現を重点に勉強する」ことが、「英語を話す」一番の近道だと思いませんか?

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン