今回は、「会話のスパイス」を取り上げます。

ただ、内容を話すだけでなく、

英会話では、決まり文句や、ちょっと付け足しみたいな表現がたくさん使われますね。

だから、あなたも、そのまま「会話のスパイス」をマネすると、ネイティブっぽい英語になりますよ!

それでは、行ってみましょう♪

A: ヘイ、ジェシー。
どこにいるの?

A: Hey, Jessy.
Where are you?

状況は電話でしょうね。

待ち合わせに来ない相手に、まずはシンプルに

Where are you? ですね。

B: ちょっと遅れているんです。
出来るだけ早く着きますから。

B: I’m running a little late.
I’ll be there as soon as I can.

相手の答えは「とにかく急いでいる」ことを伝えています。

a little late ← a little は、会話のスパイスです。

どんどん使いましょう。

as soon as I can ← 全力なのが分かりますね。

これもスパイスです。

ところで、「そこに着きます = I’ll be there」ですね。

A: あ、そう?
何時になりそう?

B: 約10分下さい

A: Oh, yeah?
What’s the E.T.A.?

B: Give me about ten minutes.

E.T.A. = Estimated Time of Arrival (到着予定時刻)です。

ドラマなんかで、聞いたりしますね。

なんだかちょっとカッコイイ(笑)

Give me about ten minutes なんてのも、いいセリフですね。

A: それならOKだと思うよ

B: よし、それでは後で。

A: I’m sure that will be OK.

B: Good. See you then.

I’m sure ← これもスパイスですね。

英文はとても簡単でしたね。

「英語」を話したいけど、うまく話せない人が、話せるようになるステップですよ♪

よく使う文を最初に覚える。

そして、使えるようになるまで繰り返す、ですね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン