A: どこにいたの?
あなたが来るのを1時間以上待ったんだから。

A: Where were you?
I waited over an hour for you to show up.

どこにいたの?ずっと待ってたんだから、と怒ってますね。

待ち合わせですっぽかされたら、使ってみましょう。

show up は「現れる」ですね。

B: ゴメン。
すごい悪い一週間だったんで、
頭から抜けちゃったに違いないよ。

B: I’m sorry.
I’ve had a really bad week
and it must have slipped my mind.

うっかり忘れてたみたいです。

とにかく、謝り、言い訳をしましょう。

slip one’s mind は「(忙しくて)忘れる」ですね。

忙しいあなた、こういう言い訳を覚えてみてはどうですか?

B: 僕が迎えに行って、
外でディナーをするってことで
君への埋め合わせにできないかなぁ?

B: Why don’t I come
and pick you up
and we can go out for dinner
so I can make it up to you?

お詫びのしるしに、「外での食事」は定番ですね。

come, pick you up, go out for dinner に慣れて、ばっちり使いましょうね。

make it up で、「償い=埋め合わせ」ですね。

ここまで、言えたら、言い訳からお詫びも完璧ですね。

A: えぇ、それでOKと思うわ。
でも、高いディナーがいいわね。

A: Well, I guess that would be okay.
But it had better be an expensive dinner.

expensive dinner って、いったい???

抜け目無いです。(笑)

B: どこか素敵なところに連れて行くよ。
1時間で、用意するのに十分かな?

B: I’ll take you somewhere nice.
Is an hour enough time to get ready?

somewhere は、便利ですね。

someXXXX がつく言葉は会話にすごく便利です。

ぜひ、意識して使い慣れましょうね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン