飲み会に行くとき、「他に誰が来るのか?」知りたくなりますよね。

「酒ぐせが悪い」なんてことも、英語で言えちゃいますよ。

A: 行く人は私だけですか?

B: 私もですよ!

A: Am I the only person who’s going?

B: Here I am!

A: みんな来るんですか?

B: そう思います。

A: Is everybody coming?

B: I think so.

every は、一つ、一つを見た上での、「全部」を指しますね。

all – every – each
ちょうど、all と each を足し合わせた両方の感じがありますので、自然と意味も強くなりがちです。

会話で、知っておくと便利な every 表現が、「~毎、~おき」ですね。

Trains come every 15 minutes.
電車は15分毎に来ます。

「一日おき」の言い方も、テキストでよく見ますね。

I try to run every other day.
一日おきに、走るようにしている。

A: 食事しながら話しましょう。

B: それは無理だと思いますよ。

A: Let’s discuss it over a meal.

B: I think it’s impossible.

over a meal
「誰かと、飲んだり食べたりしながらお話しする」ことはよくありますよね。

このときは、over が使われます。

over coffee, beer,
やることは、「お話し」以外でもいいですし、やっていることは、食事以外でも使えます。

relax over a game …
試合でも見ながら、くつろぐ

A: Bill は飲むといつもとても攻撃的になるんですよ。

B: 彼がですか? それは知りませんでした。

A: Whenever Bill drinks, he becomes very abusive.

B: He does? I didn’t know that.

Whenever には、2つの使われ方の感じがあるので、知っておくとわかりやすいですよ。

Whenever Bill drinks, he becomes abusive.
ビルは飲むといつも攻撃的になる。

お酒を飲んだらいつでも、お酒を飲むたびに、→ ビルは変身しちゃう
という感じです。

Whenever you drink, drinking too much alcohol is not good.
いつ酒を飲もうが、飲み過ぎは良くない

いつ(飲む)かは、関係なく、時間に関わらず、(朝でも、昼でも、夜でも、、、)
という感じです。

no matter when
という表現の意味になりますね。

A: 昨夜のパーティの目的は何だったんですか?

B: 私たちの成功を祝ってパーティを開いたんです。

A: What was the purpose of the party last night?

B: We held a party to celebrate our success.

purpose は、日本語では「目的」という訳がよく使われますね。

似たような言葉に、
aim, goal, intention
などもあります。

aim は、「向かう方向」、goal は、「向かう最終点」
という感じもありますね。

intention は、「意思、意図」考え、思いが強く出てきます。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン