出直し英会話 レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

agree with 「同じ意見」

● 今日の表現:「同じ意見」
○ 例文:
A: 私は ~ 思うんだけど。あなたどう思う?
B: 私もあなたと同じよ
A: I think ~. What do you think?
B:
=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)
今日の例文は…
彼は、外国人だけど、日本に来て4年。政治の話や経済の話、将来の話まで共感
できるところがとっても多い。
今日は、単語 4つ、0.2秒での即答を目指しましょう!
今日のイメージは…
「同意する+前置詞(相手)」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~
=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)
● 今日の表現:「同じ意見」
agree with
○ 例文:
A: I think ~. What do you think?
B: I agree with you.
A: 私は ~ 思うんだけど。あなたどう思う?
B: 私もあなたと同じよ
今日は with です。with は 「一緒に」という意味が多いですよね。そこからす
こ~し派生して、「相手」を指すと考えることも出来ます。
agree は、辞書では、「同意する」と書いてありますよね。その相手を with で
指していると考えてもいいですよね。
日本語で、「同意する」というと、ちょっと固い感じがしますが、agree with
はもっと気楽に、会話でもバンバン使われますよ。「そう思うわ、そのとおりよ
ね」と思ったらドンドン使ってみてくださいね。
「今日は急いでるの」という方、ここで【ひとりごとのコーナー】へどうぞ~
「まだ、足りないぞ」という方、with を一緒に勉強しましょう。
=====【出直し解説】=====
agree は「同じ意見になる」ところから、相手との関係しだいでは、
同意する → 承諾する → 認める
などの日本語が当てはまります。「認める」のイメージが強すぎると、部下が上
司の意見に agree with と言ったらどうなるのでしょうか?時と場合、内容によ
って変わってくるのでしょうか???
それからもう一つ、「どう思う?」で think を使う場合は、
what do you think? になります。私は、日本語の「どう」に引っ張られて、
How と、よく言いそうになります。今では、ずいぶん慣れました。慣れは大事で
すね。
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
英語が話せない大きな理由の一つに、
「どう話せばいいか分からない」
があります。勉強のしすぎで、情報だけ詰め込みすぎて、
使っていないんですね。
表現できる自分のフレーズを、一つずつ確実にしていくことがポイント。
いろんな表現を全部憶えるのでなく、その中から、自分が得意なものを
一つ作るんですね。
そして、そのフレーズを卒業したら、新しいフレーズを入れるんですね。
卒業する前に、新しいモノを入れようとするので、消化不良になります。
まずは、短くて簡単なフレーズから。
卒業したら、ちょっと長めにチャレンジ!
ネイティブが良く使う英語表現に慣れるには、
自然に英会話表現に慣れてしまうスピードラーニングがオススメです。
「英語の知識」と「英語が口から出てくること」は、別モノです。
スピードラーニングは、耳からだけで、
英会話表現 + (日本語での)意味 + 英語圏の生活観
の3つを同時に習得できます。
一度、ストーリーを把握すれば、
細切れの時間でも、一つ一つの英語表現を集中学習できますので、
ちょっと空いた時間でも、英会話学習が出来るんですね。
コツコツ「ネイティブの英語音声を聴く」ことが、
英会話上達の一番近道なんですね♪
詳しくは →スピードラーニング体験談をご覧下さい。
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.