英会話レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

back up 「後押しする、助ける」

● 今日の表現:「後押しする、助ける」
○ 例文:
あなたはあの件で、私を助けるはずだったのよ!
=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)
今日の例文は…
いったい何を考えているのよ!あなたは、私の後押しをしなきゃいけないのに、
何で黙ってたの!
「はずだったのよ」は、be supposed to、「あの件」は、on that を使いました。
今日のイメージは…
「後ろ+上」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~
=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)
● 今日の表現:「後押しする、助ける」
back up
○ 例文:
You were supposed to back me up on that.
あなたはあの件で、私を助けるはずだったのよ!
back up バックアップ、日本語にもなっているのでおなじみですね。これだった
らイメージはすでに出来ていますので、英語で口から出るのも簡単ですね。
カタカナ英語、和製英語は弊害もありますが、正しい英語のイメージどおりのも
のであれば使うことは大賛成です。その時は、2つの点に気をつけています。
1.意味が同じか?(日本独自・特殊な意味を取上げていないか確認)
2.発音(カタカナ英語の発音では通じません。せっかくだから発音チェック)
それから、今日の例文でもう一つ大事なのが、suppose です。その中でも会話で
特に大事なのが、今日の形、
You were supposed to be here ~.
What am I supposed to do?
「~することになっている、なっていた。~すべきだ、すべきだった。そういう
ことになっている(た)」のようなニュアンスを表せます。
自分で使うのには難しくても、意味を知っておくと、映画やドラマで、会話の意
味がとってもつかみやすくなります。人間関係や、状況を表すのにとっても大事
でよく使う表現です。覚えるんだったらこんな表現ですね!
それでは、今日も、例題でイメージをつけるトレーニング!
「簡単・短い・(ネイティブが)会話で良く使う」フレーズ
日本語を英語に訳すのではなく、シーンに合ったフレーズを思い出せるようにし
ましょうね。それには、例題でイメージをつけるのが一番ですね!
先輩 A:Can you back me up?
後輩 B:もちろんっすよ、先輩!
先輩 A:覚悟はいいか?一旦始めたら、後には引けないぞ!
後輩 B:I’ll back you up all the way.
あれれ、先日やった all the way が、もう出てきていますね。やっぱりよく使
うんですね。

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.