英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

(be, go,.) after 「追い求める」

● 今日の表現:「追い求める」
○ 例文:
あなた、私の「お金」が欲しいんでしょう~?
=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)
今日の例文は…
「はっきり言わせてもらうわ!あなた、私のお金が目当てなんでしょっ!」
出だしは、 Are you で始まりました。
今日のイメージは…
「Be + 後ろ」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~
=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)
● 今日の表現:「追い求める」
(be, go,.) after
○ 例文:
Are you after my money?
あなた、私のお金が欲しいんでしょう~?
これは、知っていましたか?
私は、「英語を話そう」と思って、まず、最初に当たった壁が
have の使い方と、get の英熟語(句動詞)
それから、勉強を進めるうちに、前置詞の重要性をとても実感しました。
今日の after も、そんな中で、気になったニュアンスを持つ前置詞です。
after は、「後ろ・うしろ」を指しますが、
(誰かや何か)の「後ろ」にいる。
前にいる(誰か・何か)が、離れようとしても、
やっぱり後ろにいる、いようとする。
この状態・関係が、
「~を欲しがる、狙う、~を追い求める、追跡する、捜す、横取りする、
もくろむ」などの、ニュアンスを作り出すわけですね。
前置詞は、それ自体は場所や、時間、方向、などシンプルなことを
指すだけかもしれませんが、「それだけに、」
基本動詞を補って、様々な、日常表現を表していきます。
話し言葉で、特によく使われますので、ぜひ、楽しんで、
深~~く習得しましょうね。
それでは、語感を養うため、シンプルな例文を見てみましょう。
I’m after a secure future.
安定した将来が欲しいの(を追い求めている)
The police are after him.
警察は彼を追っている。
go after fame.
名声を追う。
go after big money.
大金を狙っている。
できれば、いちいち日本語に置き換えて、意味を理解するのではなく、
(人・モノ)の後ろ(after)に、いる状況をイメージしてみて下さい。
「虎視眈々と狙う。すきあらば、捕まえてやる!、いつか手にしてやる!」
な~~んて感じでね!

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.