出直し英会話 レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

count on 「あてにする、頼りにする」

● 今日の表現:「あてにする、頼りにする」
○ 例文:
ありがとう、ジャネット。君は頼りにできると分かってたよ。
=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)
今日の例文は…
あ、良かった、急に5人お客さんが来るんでホテルが必要だったんですよ!
「できると分かってたよ」は、I knew I could を使いました。
今日のイメージは…
「数える + 圧力」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~
=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)
● 今日の表現:「あてにする、頼りにする」
count on
○ 例文:
B: Thank you, Janet. I knew I could count on you.
ありがとう、ジャネット。君は頼りにできると分かってたよ。
今日の例文を憶えていますか?
旅行の英会話「ホテルの予約2」で紹介したフレーズです。
大西先生(NHK:ハートで感じる英会話)が、on に対して、「圧力を感じさせる
」と紹介してから、「 on 人 」 のフレーズがとっても自然に理解できるように
なりました。
最近、出直し英会話でご紹介したフレーズだけでも、こんなにありましたね。
He blamed the accident on me.
Your’re too hard on students.
Exercise puts stress on bones as well as muscle.
It’s hard to believe that he cheated on you.
I think he stops by my office to check up on me
自分では、使いこなせなくても、まずは、このニュアンスに慣れること、on が
出てきたら「ピンッ!」と感じるところから始めてみましょう。
前置詞は、ちっちゃいですが、それぞれ意味を持っていますし、英語に果たして
いる役割はとっても重要です。日本語には、前置詞みたいな単語がなく、あまり
なじみがありませんが、だからこそ、意識したいですよね。
英語を聞いたり、読んだりするとき、この前置詞の感じが、「ピンッ、ピンッ」
とヒットすると、英語がとっても楽しくなるし、生き生きして来ますよ!
それでは、今日も例文で、count on に慣れましょう!
部下 A:大丈夫ですよ、いつも、あそこの支店の人がうまくやってくれてるし。
上司 B:Don’t count on it.
技術 A:大丈夫ですよ、技術的な質問だったら、全部、私にふって下さいね。
営業 B:Can I count on you?
私は、今日の count は、「頭数に数えられる count =当てに出来る」と勝手に
解釈しちゃいました。みなさんはどうですか?

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.