出直し英会話 レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

get something wrong 「誤解する」

● 今日の表現:「誤解する」
○ 例文:
誤解してますよ。私は、ワザとなんてやっていません。
=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)
今日の例文は…
そんな~、それは大きな誤解ですよ!なんで私がそんなことをする必要があるんですか?
「ワザと」は、 on purpose を使いました。
今日のイメージは…
「得る + 間違い」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~
=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)
● 今日の表現:「誤解する」
get something wrong
○ 例文:
You got it wrong. I didn’t do it on purpose.
誤解してますよ。私は、ワザとなんてやっていません。
Please don’t get me worng. But …
誤解しないでね。でもね…
会話では、おなじみのフレーズです。
相手と異なった意見、否定的なことなんかを言うのは、
なかなか難しいですよね。
そんな時、このフレーズが大活躍します。
相手の顔色を伺いながら使いましょうね。(笑)
それから、もう一つコチラも便利なフレーズ
no offense
悪気はない
No offense, but I don’t like that song
悪気はないんだけど、あの曲はちょっとね…
こちらも、ちょっと相手が嫌な気になりそうなことを言うときの
「前置きフレーズ」として活躍しますよ!
こんなお助けフレーズ、ぜひ、会話に取り入れて下さいね。
それでは、今日も例文でしっかり自分のものにしましょう!
彼氏A:じゃぁ、今度の週末は海に行こうよ!
彼女B:You got me worng. I don’t like beaches.
先生A:女子生徒がみんな、お前が原因だって言ってんだぞ!
生徒B:They got it all wrong. That’s not what really happened.

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.