英会話レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

go for 「がんばる」

● 今日の表現:
「がんばる」
○ 例文:
彼は、2個目の金メダルに向けてがんばっている。
===== Thinking Time =====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)
今日の例文は…
オリンピックの時に使われたようなフレーズですね。日本は大活躍でした!
「がんばる」は、とても便利な日本語です。いつでも、なんにでも、「ガンバレ
!」って言えますよね。そして、便利な日本語ほど、英語で話す時はとまどっち
ゃいます。
今日の例文は、「現在進行形」で行きましょう!2個目は second を使いました。
今日のイメージは…
「行く+(対象)」です。対象を指す前置詞を入れてくださいね。イメージしま
した?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~
===== Thinking Time =====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)
● 今日の表現:「がんばる」
go for
○ 例文:
He is going for his second gold medal.
彼は、2個目の金メダルに向けてがんばっている。
go for で、決まりフレーズが、
「go for it」
です。日本語の「ガンバレ」と同じように、誰かが何かをやろうとしている時に
励ます言葉です。
go は、「行く」という基本の意味がありますね。「何かしに行く、何かのため
に行く」時は go for 何か、で表せます。
そして、人が主語の場合は、「意思」を持った行動も表せます。意思が強くなっ
てくると「やるぞぉ!」という感じが出てきますね。
for は対象や、目的を指しますので、「go for 何か」でばっちり気合が入った
表現になりますね。
さて、モノが主語になる場合の go もいろんな意味がありますが、「時間の経過
」を表すことも出来ます。
The company went bankrupt.
It goes well / wrong
It is gone
この go の、「何かが、その後、どうなった」のイメージは英語で話すときにと
ても役に立ちますよ。(← さらっと書いているけど、ここ大事です!)
ちょっと練習してみてくださいね。

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.