出直し英会話 レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

keep in mind 「心に留めておく」

● 今日の表現:「心に留めておく」
○ 例文:
やつはまだ、銃を持っているぞ。それを忘れるな。
=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)
今日の例文は…
「気をつけろ!弱っているとはいえ、やつはまだ銃を持ってるぞ!」
今日の例文でも、in ○○○ という形が出てきます。
今日のイメージは…
「保持する + 中に + 頭」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~
=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)
● 今日の表現:「心に留めておく」
keep in mind
○ 例文:
He still has a gun. Keep that in mind.
やつはまだ、銃を持っているぞ。それを忘れるな。
今日は、keep in mind です。例のごとく辞書を見ると、
「留意する、覚えておく、肝に銘じる、心に焼きつけておく」
こんな感じの日本語が出てきます。
日本語を英語にするのは、ちょっと難しそうですね。(笑)
mind は、名詞でも、動詞でも、会話ではとっても大事な役割を担っています。
ぜひ一度、じっくり辞書や例文を眺めてみて下さいね。
さて、今日は、最近ミックと話した、mind と heart の言葉について。
みなさん、mind と言ったら、自分のからだのどの辺りにあると思いますか?
私のイメージでは、なぜか、「胸のあたり」です。
でも、絵が載っている英語の辞書をみると、「脳」のあたりの絵が?
もう一つ、mind と heart という言葉は、私のイメージではかなり
近いものでしたが、ミックがこんな言葉をくれました。
strong mind と strong heart (strong のところは、tough や brave や)
英語で話をしたので、完全な理解ではないかもしれませんが、
strong mind は、どちらかと言うと、
「打たれ強い、やられない」
「誰かにやられても、負けない強い気持ち」
「外部に対して負けない言葉」みたいなイメージが強かったです。
(スポーツ選手なら、マスコミに負けない(笑))
一方、
strong heart は、どちらかと言うと、
「くじけない、何度でも立ち直る、あきらめない、やり続ける」
「困難や失敗を繰り返しても、あきらめないで何度でも挑戦し続ける心」
外部より、「自分の内面に対して負けない言葉」みたいなイメージでした。
(スポーツ選手なら、スランプに負けない(笑))
私自身では、mind の位置を、胸から、もう少し頭の方に持っていたほうが
良さそうです(笑)
それと、英語で mind を使った表現のうち、いくつかは、日本語では、
胸のあたりの心を使って表現しているのかな?ということも思いました。
今日の言葉も、「肝に銘じる、心に留める」ですからね!

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.