出直し英会話 レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

mess up:「台無しにする」

● 今日の表現:「台無しにする」
○ 例文:
この契約は台無しにできない、でなきゃ、またやっかいなことに。
=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)
今日の例文は…
「こんどしくじったら、、、俺、確実にくびだな。」
「やっかいなことに」は、in trouble を使いました。
今日のイメージは…
「散らかす+完全に」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~
=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)
● 今日の表現:「台無しにする」
mess up
○ 例文:
I can’t mess up this contract or I will be in trouble again.
この契約は台無しにできない、でなきゃ、またやっかいなことに。
学校で習わない英語、そして会話でとてもよく使う英語、
それは日常生活での英語です。
学校では主に、「読み」に重点を置いて学習しましたよね。
その方が、教えやすいですし、生徒は自分自身で英語を通して
勉強できるから、将来にも有効です。
でも、日本語でも分かるように、本の言葉と、会話の言葉は違いますよね。
mess の日本語訳っておもしろいですよ。
きたならしくする、めちゃめちゃにする、ぶらぶらする、
ふざけ回る、ぐずぐずする、すったもんだ、ごたごた
とくに多いのが、
めちゃめちゃ、ぐちゃぐちゃ、むちゃくちゃ
こんな言葉は、小説には出てくるかもしれませんが、
技術書や学会レポート、調査書、報告書などには出てきそうに
ないですよね(笑)どうみても書き言葉向きではありません。
そして、日常生活ではたくさん使う機会がありそうですよね。
英語を話したいなら、ぜひ、話に使う英語も覚えましょうね。
書き言葉で話すと、ちょっと妙に聞こえることがありますよ。
(これ↑、大分控えめに言ってます(爆))
じゃぁ、例文でちょっと練習しましょう~。
Don’t mess it up.
めちゃめちゃにしないでくれ。
I’m sorry, I messed it up.
ごめなさ~い、ぼろぼろにしちゃった。
God, my hair is all messed up.
ぎょぇ、髪がボサボサ。
You messed up my weekend.
お前が、俺の週末を台無しにしたんだ。

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.