英会話レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「お店の常連と言って強引な値引きを要求する」時の英語表現

お店の常連といっても、
ありがたいお客様と、
ありがた迷惑なお客様と
いますね?!
今日のような常連さんと商売をしていたら、お店がつぶれるかもしれません。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
A: これをもらおうかな、もし、十分割引してくれるんだったら。
それで、それ全部でいくらかな?
B: ちょっと待ってください。
それ全部の通常価格ですと150ドルを超えますね。
でも、今回は、、、合計で135ドルになりますね。
A: じゃぁ、100ドルきっかりにしよう。どうだい?
僕はここのお得意さんなんだからね。
B: えぇ~、勘弁してくださいよ、Smith さん。
私は精一杯やっているんですよ。
125ドルにしますんで、それで持って行って下さい。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
A: I’ll take this one if you’re giving me enough of a discount.
Now, what do I owe you for all that?
I’ll take this one
take は、ショッピングではおなじみの動詞ですね。
「選ぶ、手に入れる」という感じがします。
お店で使えば、ちょうど「これをもらいます」という感じですので、
お店の人のやりとりでも、カウンターでも、レジでも使って下さいね。
you’re giving me enough of a discount
discount は、名詞でも使えますので、このように、
I give you a discount
I make some discount
なんて、基本動詞の give や make と一緒に使えるんですね。
I owe you
owe は、「借りがある」、「おかげです」などの意味がありますが、
このように、金銭の支払いにも使われますね。
How much do I owe you? いくらですか?
B: Wait a moment.
The regular price for all that is over 150 dollars.
But this time, … the total will be 135 dollars.
regular price
値段にもいくつか種類がありますが、事前に聞いておくと、
実際に聞いたときにもピンと来ますね。
曖昧さもありますので、心配なときは確認してくださいね。
wholesale price :卸売値段、卸売価格
retail price :小売価格、販売価格
regular price :通常の値段、正規の値段、定価など
sale price :特価、売買価格
discount price :値引き価格、割引価格
A: Okay, Let’s make it 100 dollars even. What do you say?
You know, I’m your regular customer here.
make it 100 dollars even
even は、副詞で「~でさえも」という意味が有名ですね。
even if ~ たとえ~だとしても
even though ~ たとえ~だけど
形容詞や、動詞などでは、「平ら」という意味になりますね。
The score is even. 同点
We’re even. 互角、おあいこ
奇数 odd ⇔ 偶数 even は、対で覚えると、
単語を覚えるのに便利ですね。
even :均一、バランスが取れたイメージ
odd :奇妙、半端、余ったというイメージ
You know
会話で、とてもよく聞く言葉ですね。
文字通りでは、「あなたも知ってのとおり」となりますが、
どちらかと言うと、話の切り出し、きっかけに使われたり、
あまり深い意味が無いことも多いですね。
「あのね、えー、ほら、あのー、ねえ、ところで」
What do you say?
What do you say? も、英会話ではよく使われる表現ですね。
自分の意見、考えを述べて、
「それでどうだい?」と相手の意見を聞く時に使えますね。
決まり文句を覚えると、変な英訳よりも、スムーズに通じますね。
あなたが横浜にお住まいなら、
「日本人、ネイティブ」のどちらのレッスンもある
私たちの英会話教室で、こんな表現を一緒に学びましょう。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
B: Oh please, give me a break, Mr. Smith.
I’m doing my best, okay.
Make it 125 dollars then I’ll let you have it.
give me a break
前回も出てきましたね。
it is difficult to believe this is true or real.
というときに使われるんでしたね。
I’m doing my best
do my best 「ベストを尽くす」は、おなじみの表現ですね。
このように、「進行形」を使って
「精一杯やっているんですよ」というニュアンスも出せるのが
面白いですね。
あなたも、単語やフレーズを覚えるときは、
状況、シーンと合わせて覚えると、その場で英語が浮かびますよ。
I’ll let you have it.
let は「させてあげる」でしたね。
慣れないうちは、しっくり来ませんが、
会話でもとてもよく使われますので、ぜひ、マスターして下さいね。
(You) let me ~ だったら、「私に~させてください」
I let you ~ だったら、「あなたに~させてあげるよ」
ですね。
英語は、「知ってる」だけでは、うまく話せませんね。
実際に、日常会話を口にしてみて、はじめて、
あなたが本当に知っている単語、言えない表現が分かります。
あなたも、出来るだけ実際に「話す」練習を増やしてくださいね。
あなたが横浜にお住まいなら、「日本人、ネイティブ」のどちらの
レッスンもある私たちの英会話教室を一度ごらんになって下さい。
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(日本人講師なら、日本語で説明が聞けるので初心者でも安心ですね)
講座の連絡先は、こちらになります。
メールアドレス: toiawase@chot.biz
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガに発行協力を頂いてます鈴木さんは、
今年、中経出版より「偏差値30からの英語やり直し学習法」という本を
出版されています。
私の周りには英語関連の本を出版された方が、たくさんいらっしゃいますが、
どの本も、
「ご自身の経験に基づく読者様へのアドバイス、熱意」
が、行間からにじみ出るような内容です。
ところが、いかんせん、本のページ数は、通常200ページほど。
著者の全てを、1冊の本に完結させることなど不可能です。
私自身も、
英会話について、英語の学習法について、
基礎、必須、順番、効率、マインド、知識、訓練、応用、、、
様々な内容を、文字にしたり、言葉にしたりして、
生徒さんに伝えています。
しかし、それを「1つの形」にまとめることは、
そのボリュームや一貫性を保つ必要のため、
多大な困難と長い時間を要します。
実は、今回、鈴木さんがそれを成し遂げました。
正統派の英語学習プロジェクト
英語学習法
このテキストは、なんと、ページ数 632!!
1年でTOEIC900点を取り、
その後、英検1級、TOEIC満点、
そして、現在、累計6000人の方に英語学習指導をしている
全ての英語上達の道のりを文字に書き落としてあります。
そして、ベースに
「正統派の英語学習法」と「英文法講座」があるため、
基礎からどのように英語を学習すると良いか?
が、とてもスムーズにまとまっています。
1.学習歴
2,3.学習概論、メンタル
4.語彙
5.英文法
6.リスニング
7.リーディング
8.英会話
9.TOEIC
10.学習カリキュラムの作成方法
あなたが、
これまで、2つ以上、英語教材を購入したことがある。
使っていないテキスト、教材がある。
あちこちから英語学習の知識を仕入れている。
何から手をつけていいか、よく分からない。
絶対、英語をモノにしたいと考えている。
とにかく、「真剣に学びたい」と思っているなら、
ぜひ、オススメします。
こちらのページを読むだけでも、英語学習について
大いに参考になるはずです。
英語学習の詳細 → 英語学習法
そして、この632ページのテキストは、まさに、
累計6000人の方に英語学習指導した『プロ』の出来です。
どのパートも、それ単体で1冊の「出版本」として扱える内容が
盛り込まれています。
さらに、直接、鈴木さんからサポートを受けることが出来ますので、
あなたに最適な「英語学習方法」を作る
ことができるようになっています。
あなたが、「真剣」であればあるほど、
私は、自信を持って、オススメします。
正統派の英語学習プロジェクト
英語学習法
632ページ + サポート制度 + 追加情報アップデート
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.