出直し英会話 レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「席をはずしていた時、不在の時に電話が」時の英語表現

【「席をはずしていた時、不在の時に電話が」時の英語表現 】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
仕事は、どうしても「出来る人」に集中してしまいます。
頼りにされるのは良いですが、こう何度も電話がかかってくると、、、
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
A: いない間、俺に電話あった?
B: お前の客の一人が30分位前にまた電話して来たぞ。
A: また電話してきたって? なぜか言ってたか?
B: いやぁ、彼はお前が戻り次第、折り返し電話してもらいたいって。
A: なんで俺に何度も電話してくるのか分からないよ。
B: お前の助けが要るように聞こえたぞ。
ちょっと今、電話してやれば?
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
A: Did anyone call for me while I was out?
anyone
anyone も、 someone も、日本語にすると、「誰か」になりますが、
any は、
否定文に使うと、
「1個も無い、全然無い、全く無い」と、相性が良いですね。
疑問文でも、
「とにかく、どれか、何でも良いからありませんか~?」と、
やっぱり相性が良いですね。
そんなわけで、疑問文、否定文で、頻繁に見ますが、
any の「とにかく、どれか、何でもすべて」というイメージを持つと、
うまく any が使えるようになりますね。
B: One of your clients called about half an hour ago again.
half an hour ago
ago は、今から「前:過去」を表しますね。
今から「先:未来」を表すときは in が使えますね。
I came here 10 min ago. 私は10分前に来ました
he will come here in 10 min. 彼は10分後に来ます
A: He called me again? Did he say why?
Did he say why?
Why did he say ~ なら、
「彼は、なぜ ~(を)言ったんだろう?」ですが、
Did he say why? なら
「彼は、(電話してきた)理由を言ってましたか?」
ですね。
why は、何の理由か?
話の流れで分かっていれば、後ろが切れちゃっても大丈夫ですし、
後ろに文を続けてもOKですね。
B: No, he wants you to call him back as soon as you get back.
文は長いですが、、、
複数の文がくっついていたり、修飾が長いなら、
意外と基本はシンプルだったりしますね。
he wants you to call him back
want 人 to do
「あなたに、(電話)してもらいたい」と
人に動作を頼むときの決まりフレーズですね。
前回出てきた「人にやってもらう」は
have 人 do でしたね。(こちらは to がないですね)
as soon as you get back
as (形容詞:副詞)as ~ という、比較の形は、
2つの文から出来ていますね。
2番目の as が、「比較の対象の文」をとりますから、
you call him back soon (すぐに:副詞)← あなたはすぐ電話する
as you get back ← あなたが家についた(瞬間)と同じくらい
as soon as は、このように、
「ある出来事が起こる」→「すぐに次の事が起きる」
I’ll let you know as soon as anything happens.
何かあったら直ちに知らせます。
as soon as payment is confirmed
支払いが確認され次第
長い文でも、読みこなしていくためには、
文のパート、パートの理解が不可欠ですね。
そして、英語の基本をしっかり理解することが、
パート、パートを克服して、最後には長い文でもこなせるわけですね。
オススメする英文法解説は、基本から分かりやすく、
そしてパートを理解できる力が着いていくので、長文やTOEICにも効きます。
英文法解説 ⇒ 英文法解説
A: I don’t know why he calls me again and again.
I don’t know why he calls me
こちらは、why の後ろが付いていますね。
B: He sounded like he needed your help.
Why don’t you just give him a call now?
He sounded like
電話の会話なら、「sound」は、よく使いそうですね。
見たり、本人に確認したわけではないし、
「直接、そうは言ってないけど」、「~な風だったよ。」
と伝えるには、便利ですね。
他にも、~風を表せる
look 見える
sound 聞こえる
smell においがする
taste 味がする
feel 肌触りがする
と、seem(思われる)は、まとめて、覚えておくと良いですよ♪
Why don’t you
最後にもう一度、why が出てきました。こちらは、
Why don’t you ~ ? で、 ~してはどうですか?
と、提案したりしますね。
英語でよく聞く「反語」みたいな感じですね。
英語は、「分かった!」だけでは、うまく話せませんね。
相手がいて、「言葉のキャッチボール」を繰り返し、
耳と、口を実際に使うことがとても大事ですね。
ですから、英会話のレッスンでは、「知識」だけでなく、
実際のシーンを想定して話す「ロールプレイ形式」が効果的なんですね。
あなたも、出来るだけ「話す」練習を増やしてくださいね。
横浜にお住まいの方は、一度ごらんになって下さい。
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(日本人講師なら、日本語で説明が聞けるので初心者でも安心ですね)
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今日のレッスンの一つは、「料理」でした。
料理は身近で分かりやすい話題ですので、
英会話の学習には、実はとっても良いですね。
以下の単語は、料理の動作ですが、どんな動作か分かりますか?
stir
grate
carve
break/crack
open
beat
steam
broil
bake
fry
boil
peel
動作の単語を覚えるときは、日本語や言葉でなく、
「実際の道具などを使った動き」をイメージする方が良いですよ。
先ほどの動作に、使う道具、モノを追加してみましょう。
stir spoon
grate grater
carve carving knife
break/crack eggs into a bowl
open can opener
beat eggbeater, mixer
steam steamer
broil oven
bake oven
fry frying pan
boil pot
peel peeler
こんな道具は、意外と知らなかったりしますね。
ladle おたま
spatula フライ返し
その他にも、dairy、poultry、bakery など、料理で聞く単語や
意味がたくさん勉強できました。
動作や道具が分かったら、最後に調理の仕方を説明するわけですね。
break eggs into a bowl
beat them up
put some oil
heat it up
pour them into the pan
flip it over
fold it over
英会話のレッスンでは、このような身近なテーマから
レッスンを行うことがよくありますね。
そして、それは、単にテーマそのものの英語を学ぶだけでなく、
応用して、
いろんなことを英語で言える表現力を養う
ことが出来るわけですね。
料理でも、手順や、確認、そして条件などを加えることで、
調理法 ⇒ instructions「指示・説明」の英語表現
に慣れることができるわけですね。
もしあなたが「英語を話すのが難しい」と感じるなら、
ぜひ、あなたも、
実際に、誰かに対して「英語を口にする」練習をしてみてくださいね。
文字を読むだけでは、なかなか口から出てきませんね。
横浜にお住まいの方は、一度ごらんになって下さい。
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
ボブとトシの英会話 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
実際に、自分で考えて英語を口にするのは、とっても楽しいし、
英語が身に付きますよ♪
( 初心者の方にも好評ですよ♪)
そして、
このような、シンプルな手順を表す英文こそ、
基本の英語のルールの理解が必要ですね。
英語のルールは、とても分かりやすい英文法セミナーがオススメです。
英文法セミナー →< 英文法解説 >
基本的な文法、英文の構造を、ブロックのように
ビジュアルで理解できます。
分からないところは、直接、質問できますので
あなたに合った「英文法セミナー」になります。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この手法を英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.