英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

フォーチューンクッキーの英語(後半)

フォーチューンクッキーは、中華料理で、食事のあとに出される、
小さなクッキーです。なぜ、フォーチューンとい名前でしょう?
(前回、既に紹介したところです)
A: これ(これら)は何ですか?
B: はぁ~、スコットランドにはフォーチューンクッキーはないんですか?
A: フォーチューンクッキー?このクッキーが幸せを運んでくるということ
ですか?
B: うーん、まったくそうとは言えませんが。でも、あることを告げて
くれるんです。普通は良いことをね。
A: 何ですって?このクッキーが話すって言ってるんですか?
B: 頼みますよ、Jonesさん。私が言ってる意味は分かってるんでしょ。
A: いいえ。こんなものスコットランドにはありませんし、
手にしたこともありません。
B: へぇ、じゃぁ。クッキーを割って、中にあるものを見てください。
(今回はここからです)
A: あ~あ、中にメッセージが入ってますよ。どれどれ。
B: 何て言ってます?
A: あらら。(あなたは)知りたくないですよ。
B: 知りたいですよ。おしえて。何ですか?
A: えっとですね、「あなたの向かいの人とはビジネスをしてはいけません」
B: うそぉ!本当ですか?見せてください。
A: 冗談です。からかっただけですよ。「何か良いことが明日起きますよ」って
書いてあります。
B: あなたって面白い人ですね。Jonesさん。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(前回、紹介したところです)
A: What are these?
B: Huh? Don’t you have Fortune Cookies in Scotland?
A: Fortune Cookies? This cookie is supposed to bring you luck?
B: Well, not quite. But it will tell you certain things, usually good.
A: What? Now you are saying that this cookie talks?
B: Oh, come on. Mr. Jones. You know what I mean, don’t you.
A: No, I don’t. We don’t have these things in Scotland and
I’ve never had this before.
B: Well, then. Break the cookie and see what you have inside.
さて、前回のクイズは、こんな問題でした。
Q1. 中に何が入っていましたか?
Q2. 良いことが書いてありましたか?
では、英文は何て言ってたでしょうか?
A: Ah-ha! There’s a message inside. Let me see.
B: What does it say?
Ah-ha これも、よく言う「あ~なるほど」みたいな時の言葉ですね。
前回の Huh という言葉(音?)と一緒に覚えておきましょう。(笑)
Oh, no! や、No way! なんて言葉も、後ほど出てきますね。これらは、
そのサウンド、イントネーションがとっても大事ですよ!
メッセージが入っていたわけですから、もちろん「紙に文字が書いてある」
わけです。
でも、「say 言う」という表現を使うんですね。
本や、新聞でも、このような言い方をするので、ぜひ使ってみましょうね。
ということで、Q1は、「メッセージ」が入っていました~。
A: Oh, no! You don’t want to know.
B: Yes, I do. Tell me. What is it?
「知りたくないですよ」と言われて、「Yes」と答えていますね。
相手の言ったことに「Yes」ではなく、自分の文章「I do」に対して
「Yes」ですね。「I do」は、I want to know ですね。
A: It says, “Never do business with the person in front of you!”
B: No way! Are you serious? Let me see that.
No way は、No の強調ですね。この場合だと、「そんなことは無い!」
という感じでしょうか。
Are you serious は、この後に出てくる I’m kidding と「対(つい)」に
して覚えておくと便利ですよね。よく使いますよ!
A: I’m just kidding. I was pulling your leg.
It says, “Something great will happen tomorrow.”
B: You’re so funny, Mr. Jones.
pull your leg は、「からかう」みたいな感じですね。
でも、なんで pull(your)leg なんでしょう。気になります。(笑)
“Something great will happen tomorrow.”そうそう、まさにこんな感じ
の短いメッセージが書いてありました。
「当たり障りのない良いこと」ですね。(笑)
結局、Jonesさんは、最初、相手をからかって、ビジネスパートナーに
「ビジネスするな」なんて言ったんですね。
ということで、Q2は、本当は「良いこと」が書いてありました!

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.