英会話レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「ホテルの電話、国際電話、コレクトコール」時の英語表現

海外旅行でモーニングコールや、ホテルから電話をかけたり、
国際電話で、オペレーターを通したりします。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
A: モーニングコールのサービスを受けられますか?
B: 何時に起きたいですか?
A: 私の部屋から、カナダに直通電話が出来ますか?
B: はい、しばらくお待ち下さい。
A: 電話を切って、お待ち下さい。
A: 日本に国際電話をかけたいのですが?
B: あなたのお名前と電話番号を何でしょうか?
A: New York の Long Island に指名電話をかけたいんですが。
B: あなたが電話する相手の電話番号とお名前をお願いします。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
A: Can I get a wake-up call service?
B: What time would you like to wake-up?
wake-up call
モーニングコールは、英語は、wake-up call と言いますね。
翌朝、
Mr./Ms. Martin, this is your wake-up call.
なんて感じで電話がかかって来ますよ。
A: Can I make a direct call to Canada from my room?
B: Yes, just a moment, sir.
direct call to Canada
オペレータなどを介さずに電話したいときは、
direct call が便利ですね。
ホテルによっては、市外通話もかけれないことがありますね。
フロントに連絡して、電話をつないでもらいますし、
料金も高かったりしますね。
to Canada from my room
call の後に、to 場所をつければ「相手先」を表せますね。
from で、こちらの場所も表しています。
このように、前置詞は、自分の伝えたい情報を
シンプル、簡単に伝えることが出来るので、とても便利ですね。
難しい単語や動詞を覚えるより、前置詞を使いこなす方が
英会話では有利ですね。
前置詞は、「日本語訳」で覚えるのでなく、
基本のイメージを捉えることが、英語の理解を助けます。
こちらは図解の説明で分かりやすいですよ。
こちらです ⇒ 英文法解説
A: Please hang up and wait.
hang up
電話を切るは hang up でしたね。
相手を指すのには、on を使います。
hang up on customers
客の電話を切る
hang on だと、「電話を切らずに待つ」動作になります。
Please hang on a minute.
とても、まぎらわしいですよね。
電話でなく普通の会話でも「ちょっと待って」と使いますね。
「電話を切らずに待つ」のは、
hold on という言い方もありますね。
もう少し電話の英語を。
hook は、電話の受話器(receiver)をかける(置く)ところですね。
on the hook 受話器がかかっている(のっている)
off the hook 受話器がはずれている
電話やケーブルなど線をつなぐのは、hook up ですね。
He hooked up his TV to cable.
TVをケーブルに接続した
前置詞は、「日本語訳」で覚えるのでなく、
基本のイメージを捉えることが、英語の理解を助けます。
こちらは図解の説明で分かりやすいですよ。
こちらです ⇒ 英文法解説
A: I’d like to make an overseas call to Japan.
B: What’s your name and number, sir?
overseas call to Japan
日本に国際電話なら、海があるので overseas でピンと
来ますね。アメリカとカナダなら?
国際電話には international call という言い方もありますね。
A: I’d like to make a person to person call to Long Island, New York.
B: The number and the name of the party you are calling, please.
person to person call to Long Island
こちらは、オペレータなどに頼んで、話す相手を電話口に
出してもらう電話のようです。
party は、この場合、電話をかける相手を指す言葉になりますね。
電話の英会話は、フレーズ自体は難しくないかもしれませんが、
お互いが見えませんので、ボディランゲージが使えませんね。
そういう意味では、最も難しい英会話の一つだと思います。
このような「決まり文句のフレーズ」こそ、
ロールプレイ形式で、きっちりネイティブと練習をするのが
ベストですね。
海外旅行やビジネスにも、事前に英会話教室で練習してくださいね。
横浜にお住まいの方は、一度ごらんになって下さい。
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(初心者でも、分かりやすいクラスがありますよ)
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
以前、アメリカに住んでいるときは、
日本への電話は、会社や自宅からかけていました。
011-81-45-XXXX-XXXX
国際電話-国番号-市外局番(0を除く)-電話番号
日本の国番号は「81」(アメリカの国番号は「 1 」)ですね。
これに、格安ライン用の番号を頭につけてダイヤルしたりしていました。
こちらは、国際電話をかける方法の例です。
オペレーターを通じて申し込む方法(高い)
指名電話: 話す相手を指定できます。(不在なら無料)
番号通話: 相手の電話番号を指定する。(指名電話より割安)
コレクトコール: 料金を先方に支払ってもらう方法(了承が必要)
クレジットカードコール: クレジットカードで支払い。
ホームカントリーダイレクト:電話をかけたい国のオペレータにつながり、
コレクトコールやクレジットカードコールを申し込む。
最近は、携帯電話でも電話したり、メールしたり出来るように
なったので、変わって行くんでしょうね。
コレクトコールの電話の会話例もご紹介しますね。
A: コレクトコールをかけたいのですが
B: 何番におかけになりますか?
A: I’d like to make a collect call.
B: What number do you want to call?
海外での英会話は、I’d like to ~ で、
まずは、自分の要望を伝えられますね。
電話は、make a call で、call でいろいろ種類を
使い分ければいいですね。
direct call to Canada
overseas call to Japan
international call to Mexico
person to person call to Long Island
collect call
collect は、「集める」という意味がありますが、
集金などでも使われますね。
A: 相手の方がお出になりません。
B: では、後で、彼らに電話します。
A: Your party doesn’t answer.
B: Then I’ll call them later.
party は、電話の相手を指す言葉でしたね。
A: Mr. Martin からコレクトコールです。
料金支払いをお受けになりますか?
B: すみません。料金支払いは受けられません。
A: I have a collect call from Mr. Martin.
Will you accept the charge?
B: I’m sorry, I can’t accept the charge.
charge は、お金が絡むと、
「払う義務があるもの」になりますね。
他にも、
仕事なら、担当、管理、委託など、「やる責任」
誰かに言うなら、指令、告発など、「従ってもらう」
電池になら、充電など、 「電気を貯める」
敵になら、攻撃など、 「攻める」
など、英会話でもたくさんの意味で使われますね。
英会話の勉強は、闇雲に難しい単語や英語の例文を見るよりも、
身近なテーマ、同じテーマの例文を繰り返し練習したり、
短いフレーズを口に出して、
自分で使えるようになるのが効果的ですね。
もしあなたが「英語を話すのが難しい」と感じるなら、
ぜひ、あなたも、
実際に、誰かに対して「英語を口にして」練習してくださいね。
文字を読むだけでは、いざと言うときに口から出てきませんね。
横浜にお住まいの方は、一度ごらんになって下さい。
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
ボブとトシの英会話 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
実際に、自分で考えて英語を口にするのは、とっても楽しいし、
英語が身に付きますよ♪
( 初心者の方にも好評ですよ♪)
そして、
英語のルールは、とても分かりやすい英文法セミナーがオススメです。
英文法セミナー →< 英文法解説 >
基本的な文法、英文の構造を、ブロックのように
ビジュアルで理解できます。
分からないところは、直接、質問できますので
あなたに合った「英文法セミナー」になります。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この手法を英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.