英会話レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「空港からホテルへ向かう、ホテルでチェックイン」時の英語表現

【「空港からホテルへ向かう、ホテルでチェックイン」時の英語表現】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
初めての土地への海外旅行は、とても緊張しますね。
その国、土地ごとに、「どんな交通機関が便利か?」
異なりますので、事前の調査がとても大事ですね。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
(空港からホテルへ)
A: これらのバッグをバスターミナルまで / タクシー乗り場まで運んで下さい。
A: ダウンタウン / ABCホテルにはどうやって行くか教えてくれませんか?
B: 無料のシャトルバスで簡単に行けますよ。
(ホテルのフロントで)
A: どれくらいご滞在でしょうか?
B: 一週間泊まるつもりです。
A: どのタイプのお部屋をお好みでしょうか?
B: ツインを1つです / 2人用の部屋が良いです
それは一日いくらになりますか?
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
(空港からホテルへ)
A: Please carry these bags to the bus terminal / to the taxi stand.
bus terminal
terminal ターミナルという名前は、日本でも聞いたことが
あるかもしれませんね。
この場合は、bus station:バスステーションのように、たくさんの
バスがいろんな方面に向けて発着するようなところですね。
バス停なら、bus stop でいいですね。
taxi stand
こちらは、タクシー乗り場ですね。
バスに関連する言葉をちょっとご紹介しますね。
Greyhound:米国の長距離バス(会社)ですね。ちなみにgreyhoundは、
競馬ならぬ、競犬?があるくらい、速い猟犬ですね。
sightseeing bus:観光バス
double-decker:二階バス。ロンドンの真っ赤なバスで有名ですね。
limousine:空港バス
shuttle bus:定期往復バス
bus route (map):バス路線(地図)
bus service:バスの便がある、運行している
簡単そうな単語や表現でも、その場で意外と口から出ないことがありますね。
それには、「日ごろ、英語を口にする習慣」が効果的です。
あなたも、実際に使える「英会話」のフレーズを
「日本人、ネイティブ」どちらのレッスンもある英会話クラスで、
一緒に練習しませんか?
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
A: Could you tell me how to get downtown /get to the ABC Hotel?
B: You can easily get there by a free shuttle bus.
get downtown
downtown があるので、uptown もありますね。
downtown:商業地区、繁華街 ⇔ uptown:住宅地区
downtown と言っても、「下町」とは、ちょっと違いますね。
downtown は、「名詞」もありますが、例文のように、
go downtown 副詞でも使われますね。
似たような場所の副詞に、
home, overseas, abroad, out, somewhere, north, here, there,
ahead, away, upstairs, downstairs, indoors, outdoors
などなど、ありますね。
前置詞+名詞 → 副詞のイメージがあれば、上手く使えますね。
品詞と単語の並びは、「英語理解の基本」ですね。
こちらの説明が、とても分かりやすいですよ。
英文法講座 → 英文法解説
(ホテルのフロントで)
A: How long will you be staying, sir?
B: I’ll be staying for a week.
A: Which type of room do you prefer?
B: I’d like a twin room / a room for 2.
How much is it for a day?
twin room
ホテルの部屋も、いろいろな種類がありますね。
景色で、
Ocean, Mountain, River, Garden, City View
人数で、
SINGLE, DOUBLE (2 persons, 1 bed), TWIN (2 persons, 2 beds),
FAMILY ROOM
グレードで、
Standard, Deluxe, Suite, Executive
その他、
Smoking, Non-Smoking,
いろいろ考え出すと、なかなかホテルを決め切れませんね。
How much is it for a day?
「 それは、一日いくらですか?」という表現ですので、
ホテルの宿泊でなく、いろいろことに使いまわすことが出来ますね。
how much is it for a gallon? 1ガロン
how much is it for a person? 一人
how much is it for a glass? 一杯
for の後は、「一日」などの単位でなくても大丈夫ですね。
How much is it for lunch? お昼
how much is it for shipping? 配送
このように、英会話の学習は、「会話でよく使われる単語や表現」から
身につけて、実際使ってみることが大切ですね。
あなたが横浜にお住まいなら、私たちの英会話教室で一緒に学びませんか?
ボランティア価格、少人数、70分レッスンと、お得ですよ。
「日本人、ネイティブ」のどちらのレッスンもあるので、
理解が早まりますね。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(日本人講師なら、日本語で説明が聞けるので初心者でも安心ですね)
講座の連絡先は、こちらになります。
メールアドレス: toiawase@chot.biz
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
英会話レッスンを受けるときに、いくつか「気をつける」ことがあります。
私は、よく生徒さんに
「 あまりノートをとることに、熱中しないでください」
と言います。
どういう意味でしょうか?
英会話のレッスン中には、「たくさんの例文」が出てきます。
でも、「せっかくだから、もったいないから」と言って、
どれもこれも、例文と、その日本語をノートに写していると、
肝心の、
講師の説明を聞き逃したり、
例文を口にする練習時間が無くなったり、
してしまいます。
英会話例文と、その和訳は、本屋に行けば、千円くらいで
それこそ、たくさん手に入ります。
でも、
どうやって、「その英文をあなたが作れるようになるか?」
について、「解説してある」、そして、「あなたを進化させる」
そんな本は、「千円」では、手に入りません。
それこそが、「高価な英会話レッスン」の本当の目的ですね。
だから、講師は、一人一人の理解度に合った「内容」を与え、
『理解してもらい、練習してもらい、力をつけさせていきます』
「例文と和訳の暗記」だけでは、
いつまでたっても英語を話せません。
「例文」から「英文の構造」を理解して、
その文を他の単語、意味に使いまわせるようになって
ついに、あなた自身、独力で「英語を話せる」わけですね。
「英文の構造」の理解には、「品詞と単語の並び」から
キチンと理解することが、もっとも、「最初で最重要」ですね。
私が、「分かりやすい英文法解説」としてオススメしているのが
英文法セミナー →< 英文法解説 >
です。
このセミナーでは、品詞を、ジグソーパズルになぞらえて、説明しています。
ピース、ブロックという言葉をつかい、
単語の並びを分かりやすく説明しています。
絵を多用して、ビジュアル的に分かる工夫がたくさんあります。
まずは、最初に30ページ以上にわたって、
この「品詞、文型、単語の並び」を説明しています。
そして、その後、他の章の説明でも、
「品詞、文型、単語の並び」の視点から、解説してあります。
品詞や文型について、これだけ丁寧に説明した英文法解説は
これまで見たことがありません。
そして、分かりやすいのです。
関係詞と疑問詞
不定詞、動名詞、分詞の特徴と使い方
形容詞・副詞と前置詞・接続詞の役割
バラバラに見える分野も、品詞の観点から見ると、
とても多くの共通項目があるので、理解しやすく記憶にも残りやすいのです。
さらに、
・ 自分で確認問題を解いて、解説を使って、理解を確実に出来る。
・ 分からない事は、直接、質問が出来る。
という内容です。
だから、英文法が確実に身に付くわけですね。
そして、「受動態、分詞、関係詞、比較、倒置」
など、苦手とする分野もきちんとサポートされています。
第1、2号 品詞 第29、30号 分詞
第3、4号 文型 第31~34号 第5文型
第5、6号 副詞 第35、36号 動名詞
第7~10号 前置詞 第37、38号 準動詞の注意点
第11~18号 接続詞 第39、40号 形容詞
第19、20号 受動態 第41~46号 疑問文・疑問節
第21、22号 倒置 第46~50号 関係節
第23~28号 不定詞 第51~56号 比較
(全300ページを越えるボリューム)
しかし、私が最も良いと思う点は、この英文法の解説が、
一貫して、「品詞と単語の並び」を重要視、解説しているところです。
このような説明のしかたは、今までの英文法書では見た事がありません。
そして、このおかげで、英文法が初心者の方でも
「難解な関係詞」さえ、非常に理解しやすくなっているわけですね。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この英文法セミナーの手法を
英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
「↓から無料で読者登録できるよ」と教えてあげてください。
→< 無料英語学習メルマガの購読 >

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.