英会話レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「飛行機のチェックイン、荷物を預ける」時の英語表現

【「飛行機のチェックイン、荷物を預ける」時の英語表現】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
空港でチェックインをするときに、荷物も預けたりしますね。
手荷物の大きさや、個数の制限も、最近では厳しくなってきた
気がしますね。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
A: 本日は、預け入れ荷物をいくつお持ちでしょうか?
B: 一つが預け入れで、一つが機内持ち込みです。
A: それぞれのバッグにI.D.タグの記入はお済みでしょうか?
B: はい、してあります。全部、札を付けて、準備OKです。
A: お預けの荷物を渡してくれませんか?飛行機に送ります。
B: はい、どうぞ。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
A: How many bags do you have to check in today?
B: I have one checked piece and one carry-on.
check in
check in は、「(人が)搭乗手続き」をするときにも
使われますが、
このように飛行機で「モノを預ける」時にも使われますね。
one checked piece / one carry-on
こちらも、
checked baggage :機内預け入れ荷物
carry-on (baggage): 機内持ち込み手荷物
の意味になりますね。
例:
The international airlines allow only two checked pieces
and one carry on.
国際線では2個の預け入れ荷物と1個の機内持ち込み荷物のみ
許可されています。
A: Have you completely filled out the I.D. tags for each bag?
B: Yes, I have. All of them are labeled and ready to go.
I.D. tags
I.D. は identity、identification など身分証明ですね。
driver’s license や passport、それから自治体で独自の ID card を
発行している場合もありますね。
tag は、本体にちょこっとくっついている感じですね。
例えば、
name tag :名札
price tag :値札
tag boat :タグボート
tag question :付加疑問文
labeled
label は、「ラベル、ラベルをつける」ですね。
日本語では「ラベル」と言いますが、英語の発音は、「レイブル」と
いう感じですね。
と言っても、カタカナでは表せませんので、
正しい発音を確認して下さいね。
このように、「日本語」になっている英語でも、
発音や独特な意味さえ気をつければ、
「語彙」を増やすのにとても役に立ちますね。
後は、英会話クラスで正しい発音、使い方を学んでくださいね。
あなたも、「日本人、ネイティブ」どちらのレッスンもある
私たちの英会話クラスで、一緒に練習しませんか?
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
A: Could you hand me your checked piece? I’ll send it to the plane.
B: Here you go.
hand
hand は、動詞だと「手渡す」ですね。第4文型もとりますね。
She handed me a ticket over there.
She handed a ticket to me over there.
英語の品詞や、文型、構文をしっかり理解するならこちらがオススメですよ。
英文法講座 → 英文法解説
ところで、
「手」には、どんな部分があるか英語で言えますか?
palm :手のひら(手の甲:the back of the hand)
thumb :親指(fingers とは、別扱いにしたりします)
fingers :指
そして、
wrist :手首
elbow :肘
arm :腕
ですね。
「足」と対比できますか?目安として
arm : leg
elbow : knee
wrist : ankle
hand : foot
palm : sole
thumb : big toe
fingers : toes
比較して覚えてみるのも、一つの手ですね。
他のパートの英語や、動物によって、呼び名が違ったりして、
意外と面白い発見があるかもしれませんね。
heel、limb、paw、thigh、lap、shin
Here you go
人に何か渡すとき、「はい、どうぞ」という感じですね。
Here you go.
レジでお金や、レストランで食事や。
それから、「あなたが始める番」の時のスタート合図にも言いますね。
似た感じでは、
Here you are.
こちらも、「Here you go」と同じように、モノを渡すシーンで
聞かれますね。
Here we go.
2人や、みんなで始めるときに使われますね。
「せーのっ、」なんて日本語に、似てるかもしれませんね。
Here we are.
「 We are here 」なら、「私達はココです」ですので、
ちょうど、「目的地に着いた」時に、言えますね。
日常、良く使う表現も、「人と話す練習」をすることで、
あなたの身についていきますね。
あなたが横浜にお住まいなら、私たちの英会話教室で一緒に学びませんか?
ボランティア価格、少人数、70分レッスンと、お得ですよ。
「日本人、ネイティブ」のどちらのレッスンもあるので、
理解が早まりますね。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(日本人講師なら、日本語で説明が聞けるので初心者でも安心ですね)
講座の連絡先は、こちらになります。
メールアドレス: toiawase@chot.biz
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
以下は、A~Dのどれが適当ですか?
1. This is the hospital —— I visited to see Kenny.
(A) which (B) where (C) when (D) why
では、こちらは?
2. This is the hospital —— I visited Kenny yesterday.
(A) which (B) where (C) when (D) why
(「分かる!解ける!英文法!」セミナーより)
答えはこちら → 英文法解説
hospital は、場所だから where ?
visit は、他動詞だから、which ?
自己流や、勘違いをそのままにしておくと、
英語が伸び悩んでしまいます。
英語の文は、日本語の「て、に、を、は」にあたるものがありません。
生徒さんは、レッスン中に「英文の意味」を取ってもらう際も、
「各単語の日本語訳から、勝手に文を想像(創造)」
してしまうことがあります。
これは、誤訳の最もよくある原因の一つですね。
英文を読むには、
使われている単語を知っているだけではダメなんですね。
英文を読むには、
品詞、文型、不定詞、分詞、that節、前置詞+名詞の役割、
単語と単語の関連、結びつき
などの理解が必要です。
そして、
英文法は、「英語の勉強を能率的」にするために、
整理、まとめられたものです。
決して、「英語の法律」ではありませんね。
だから、最初に学習する必要があるんですね。
ただ、中学生では「難しすぎたり」
大学試験の問題が「難しすぎたり」
結局、学生の時には、「英文法」は敬遠されてしまうわけですね。
でも、一度分かれば、こんなに有難いものはありません!
私が、「分かりやすい英文法解説」としてオススメしているのが
英文法セミナー →< 英文法解説 >
です。
このセミナーでは、品詞を、ジグソーパズルになぞらえて、説明しています。
ピース、ブロックという言葉をつかい、
単語の並びを分かりやすく説明しています。
絵を多用して、ビジュアル的に分かる工夫がたくさんあります。
まずは、最初に30ページ以上にわたって、
この「品詞、文型、単語の並び」を説明しています。
そして、その後、他の章の説明でも、
「品詞、文型、単語の並び」の視点から、解説してあります。
品詞や文型について、これだけ丁寧に説明した英文法解説は
これまで見たことがありません。
そして、分かりやすいのです。
関係詞と疑問詞
不定詞、動名詞、分詞の特徴と使い方
形容詞・副詞と前置詞・接続詞の役割
バラバラに見える分野も、品詞の観点から見ると、
とても多くの共通項目があるので、理解しやすく記憶にも残りやすいのです。
さらに、
・ 自分で確認問題を解いて、解説を使って、理解を確実に出来る。
・ 分からない事は、直接、質問が出来る。
という内容です。
だから、英文法が確実に身に付くわけですね。
そして、「受動態、分詞、関係詞、比較、倒置」
など、苦手とする分野もきちんとサポートされています。
第1、2号 品詞 第29、30号 分詞
第3、4号 文型 第31~34号 第5文型
第5、6号 副詞 第35、36号 動名詞
第7~10号 前置詞 第37、38号 準動詞の注意点
第11~18号 接続詞 第39、40号 形容詞
第19、20号 受動態 第41~46号 疑問文・疑問節
第21、22号 倒置 第46~50号 関係節
第23~28号 不定詞 第51~56号 比較
(全300ページを越えるボリューム)
しかし、私が最も良いと思う点は、この英文法の解説が、
一貫して、「品詞と単語の並び」を重要視、解説しているところです。
このような説明のしかたは、今までの英文法書では見た事がありません。
そして、このおかげで、英文法が初心者の方でも
「難解な関係詞」さえ、非常に理解しやすくなっているわけですね。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この英文法セミナーの手法を
英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
「↓から無料で読者登録できるよ」と教えてあげてください。
→< 無料英語学習メルマガの購読 >

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.