英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

「飛行機のチケットの種類や値段、時間を尋ねる」時の英語表現

【「飛行機のチケットの種類や値段、時間を尋ねる」時の英語表現】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
飛行機のチケットを買うには、チケットの種類や
行き方も知っていたほうが、都合が良いですね。
英語で言う時も、チケットや飛行機に良く使われる
単語や表現を知っておくと便利ですよ。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
A: 片道チケットですか、往復ですか?
A: ビジネスクラスチケットですか、エコノミーですか?
A: シンガポールの飛行機はいくらですか?
B: 空港使用料を含んで合計で$990です。
A: ボストン発の次の便は3時15分の出発です。
B: サンフランシスコ行きの最終便は何時に出発しますか?
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
A: Would you like a one-way or round-trip ticket?
A: Would you like a business or economy class ticket?
one-way or round-trip / business or economy class
海外旅行での飛行機や電車のチケットでは、
片道、往復、座席の種類、直通、経由と様々な組み合わせがありますね。
片道、往復 は、英語と米語で言い方が異なりますね。
片道切符 《米》a one-way ticket 《英》a single (ticket)
往復切符 《米》a round-trip ticket《英》a return ticket
Would you like a single (or return ticket)?
なんて尋ねられても、「ドキッ」としないように。
economy class は、coach という名前も聞きますね。
coach は、ブランドでも有名ですが、スポーツなどのコーチや、
馬車、バス、自動車などの乗り物にも使われますね。
A: How much does it cost to Singapore?
B: The total fare is $990 including the airport surcharge.
fare
飛行機など、乗り物の料金は fare が使われますね。
「料金」という言葉は、英語ではいくつかありますね。
例えば、 fee は、
「弁護士・医師への礼金、授業料、会費」や、
「手数料、入場料、入会金」などで用いられますね。
他にも料金を指す単語に
bill 勘定など
rate ホテル、郵便など(割合で値段が上がる)
toll 有料道路
その他、price、charge など
たくさんありますね。
日本語は同じでも、英語ではいくつか言い方があるときは、
その場のシーンと一緒に覚えると、分かりやすいですね。
こんな「ちょっと混乱」する表現は、
英会話クラスで、練習しておきたいですね。
あなたも、「日本人、ネイティブ」どちらのレッスンもある
私たちの英会話クラスで、一緒に練習しませんか?
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
surcharge
昨年始めは、原油が高くなったため、海外旅行の値段も、
「ツアー料金」+「燃油サーチャージ」
と、これまでにあまり見なかった表示が多くなりましたね。
surcharge は、「追加料金、割り増し料金」など、
価格にプラスアルファしたいときに使われますね。
アメリカに住んでいた時は、小さなお店でカードを使おうとすると
surcharge「カード使用料」がプラスされますよ。
と言われたこともありました。
A: The next flight departs Boston at 3:15 p.m.
B: When does the last flight leave for San Francisco?
depart
空港に行くと、
arrival:到着 ⇔ departure:出発
という標示をよく見ますね。
departure(名詞)の動詞が、depart になりますね。
自動詞で使われることが多いのですが、
このように出発地を言うときは、目的語もとりますね。
de – part は、
de「分離」、part「部分」という感じがありますし、
part は、動詞でも、「分ける、分かれる、離れる」という
意味がありますので、覚えておくと英語の理解に役立ちますよ。
英語は「暗記」で無理やり覚えるよりも、その一つ一つの
意味や成り立ちを理解したほうが、楽しく、しっかり理解できますね。
英語の品詞や、文型、構文の意味を理解するならこちらがオススメです。
英文法講座 → 英文法解説
leave
leave も、「出発する」という日本語訳がありますが、ほかにも、
去る、離れる、辞める、別れる、残す、置き忘れる
そっとしておく、ほうっておく、見捨てる、任せる
など、様々な日本語の意味で使われますね。
編集後記でご紹介いたしますね。
乗る
英語では、「乗る」モノによって、いくつかの動詞を
使い分けたりしますね。
get on:bus、train
get in:car、lift(英)/ elevator(米)
board:airplane、ship
ride:bike(自転車)、motorcycle(英)/ motorbike(米)
「乗る」モノの大きさや、形状、乗り方など、おおまかに
捉えておくと、便利ですね。
日常、良く使う表現も、「人と話す練習」をすることで、
あなたの身についていきますね。
あなたが横浜にお住まいなら、私たちの英会話教室で一緒に学びませんか?
ボランティア価格、少人数、70分レッスンと、お得ですよ。
「日本人、ネイティブ」のどちらのレッスンもあるので、
理解が早まりますね。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(日本人講師なら、日本語で説明が聞けるので初心者でも安心ですね)
講座の連絡先は、こちらになります。
メールアドレス: toiawase@chot.biz
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
leave の基本のイメージは「その場を離れる」ですね。
そして、「行き先」や、「出かける場所」、「置いていくモノ」
などに応じて、それに対する日本語訳が、
去る、離れる、辞める、別れる、残す、置き忘れる
そっとしておく、ほうっておく、見捨てる、任せる
など、様々あるわけですね。
このように、会話でよく使われる動詞は、
(leave を)「 知っている 」だけではダメで、
(leave を)「 会話で使える 」ようになることが大事ですね。
知っている単語の数ではなく、
よく使われる単語を、「深く」知っていることが「 鍵 」になりますね。
leave が扱う「目的語」で分けて、見てみましょう。
「leave + 場所」:場所なら「移動」を表せます。
日本語では、「出発する、出かける、去る」などと言いますね。
「for 行く先」とすると、出かける方向を表すこともできます。
I left the office. 会社を出た。
I was just leaving. 帰る(出かける)ところでした。
I’m leaving Nagoya for Tokyo. 名古屋を発って、東京に向かいます。
「leave + モノ」:モノをそのままにして、その場を去ります。
わざと置いていく場合は、「放って置く」という日本語ですね。
無意識の場合は、「置き忘れる」という感じを表せますね。
モノを人に置いていくなら、「任せる」という感じですね。
Don’t leave the lights on. 灯りを点けっ放しにするな。
I left the job. その仕事を辞めた。
Leave it to me. 私に任せてください。
「leave + 人」:人をそのままにして、その場を去る感じですね。
一人の時は「ほっといて、構わないで」という表現ですね。
「別れる」時にも使いますね。
私達なら「席をはずしてくれないかな」という表現ですね。
Leave me alone. ほっといて下さい。
I’ll never leave you. 君を離しはしない(別れない)
Leave us alone. 私達だけにして下さい(席をはずして下さい)
お疲れ様でした。
leave には、たくさんの意味があるように見えますが、
実はどれも、
leave の基本のイメージは「その場を離れる」
と、その状況の組み合わせですね。
あなたは、
英語の勉強 = 「暗記」
と思っていませんか?
「暗記」 ⇔ 「覚える」 ⇔ 「使える」
この3つの関係は、正しいようですが、、、
実は、「棒暗記」では、応用が利きません。
ちょっと振られただけで、もう、言葉に詰まってしまうわけですね。
大事なことは、あなたが「理解する」ことなんですね。
「理解」 ⇔ 「覚える」 ⇔ 「使える」
「理解」には、
「長い時間、我慢してガンバル」ことは不要です。
「理解」には、
あなたに「分かり易い」解説が必要なのです。
あなたが、横浜にお住まいなら、
私達と一緒に英会話を学びませんか?
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(日本人講師なら、日本語で説明が聞けるので初心者でも安心ですね)
そして、あなたが、
「今年こそは、キチンと英語を勉強しよう!」
と、思っているなら、
「基礎をしっかり固める」分かり易い解説をオススメします。
英文法セミナー →< 英文法解説 >
この英文法セミナーでは、
累計6000人の方に英語学習指導を行っている鈴木さんが
あなたに「英語学習のアドバイス」をしてくれますので、安心です。
セミナーでは、品詞を、ジグソーパズルになぞらえて、説明しています。
ピース、ブロックという言葉をつかい、
単語の並びを分かりやすく説明しています。
絵を多用して、ビジュアル的に分かる工夫がたくさんあります。
まずは、最初に30ページ以上にわたって、
この「品詞、文型、単語の並び」を説明しています。
そして、その後、他の章の説明でも、
「品詞、文型、単語の並び」の視点から、解説してあります。
関係詞と疑問詞
不定詞、動名詞、分詞の特徴と使い方
形容詞・副詞と前置詞・接続詞の役割
バラバラに見える分野も、品詞の観点から見ると、
とても多くの共通項目があるので、理解しやすく覚えやすいのです。
さらに、
・ 自分で確認問題を解いて、解説を使って、理解を確実に出来る。
・ 分からない事は、直接、質問が出来る。
という内容です。
だから、英文法が確実に身に付くわけですね。
英会話初級者の方から、TOEIC高得点の方まで、広いレベルで
支持を得ているのは、まさに、
英文法の基礎 ⇒ 応用 へと分かりやすく展開する
英文法の解説だからなのですね。ぜひ、受講者の感想を参考にして下さい。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この英文法セミナーの手法を
英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
「↓から無料で読者登録できるよ」と教えてあげてください。
→< 無料英語学習メルマガの購読 >

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.