英会話レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「飛行機の予約、キャンセル待ち、直行、経由便」時の英語表現

【「飛行機の予約、キャンセル待ち、直行、経由便」時の英語表現】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
飛行機の予約には、「パターン」がありますね。
関連する語彙を知っておけば、あとは、
have、 get、 take、 make、 put などの基本動詞を
上手に使えるとバッチリですね。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
A: シンガポール航空です、どのようなご用件でしょうか?
B: シンガポール行きを予約したいのですが。
A: ニューヨークへの飛行機を予約したいのですが。
B: いつ行くご予定ですか?
A: ロサンゼルス行きの飛行機の席を予約したいのですが。
A: ニューヨークへのノンストップ便はありますか?
B: いいえ、全て経由便です。
A: パリ行きの便を予約したいのですが、それは直行便ですか?
B: いいえ、お客様。こちらはソウルを経由します。
A: もし、よろしければ、キャンセル待ちに出来ますよ。
B: うーん、次の便をお願いします。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
A: Singapore Airlines, how may I help you?
B: I’d like to make a reservation for Singapore.
make a reservation
「予約をする」のポピュラーな言い方の一つですね。
make a reservation 予約する
予約するために、電話したり、カウンターで伝えます。
reservation は、基本動詞と相性も良いので、
他にもいろいろ使いまわせますね。
have a reservation 予約している
こちらは、既に予約していて、当日「予約がある」と伝えますね。
get a reservation
get なら、「予約が取れる」なんて感じでうまく使えますね。
大事なのは、「日本語の訳」でなく、have、make、get のイメージと、
どんなシーンでピッタリ合うか?ですね。
A: I’d like to book a flight to New York.
B: When are you going to go?
book a flight
book は、名詞では「本」ですが、「帳簿」などもありますね。
動詞では、「予約する、記帳する」という意味がありますね。
to New York
for Singapore
どちらも飛行機の予約ですが、to や for が使われていますね。
to は、動くときの「行き着く先」を指しますね。
go to Tokyo 東京に行く
for は、「方向や目的」を指しますね。
train for Tokyo 東京行き(方面)の電車
前置詞・副詞には、それぞれ固有の意味がありますが、
日本語の(~へ、~のために、~から)などで覚えても、
知っているパターンからずれると、途端にメロメロですね。
こちらは、図解でしっかり理解できるのでオススメですよ。
英文法講座 → 英文法解説
A: I want to reserve a seat for a flight to L.A.
reserve
今回は、3種類の「予約する」という言い方をご紹介しました。
make a reservation
reserve a seat
book a flight
同じような内容を言うのに、英語でも「たくさんの言い方」がありますね。
英語で話すときに、
いちいち、「これであってますか?」と心配する前に
とにかく、口に出してみることをお勧めします。
もし、通じなければ、違う言い方や具体例を挙げるのが、
英会話の上達のコツですね♪
全部覚えるのでなく、「あなたの得意な言い方」を1つ、
練習してくださいね!
「日本人、ネイティブ」どちらのレッスンもある
私たちの英会話クラスで、あなたも一緒に練習しませんか?
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
A: Do you have any nonstop flights to New York on December 23?
B: We are sorry, but they are all stopovers.
December 23
日にちの記述は、英語と米語でちょっと違うことがありますね。
英語:日/月/年
on the 23rd of December 23/12/2008
米語:月/日/年
on December 23rd 12/23/2008
23/12/2008 や、12/23/2008 では、誤解を避けるために、
月を「数字」を用いずに
01 → JAN、 02 → FEB、 03 → MAR
23 Dec 2008 や、Dec. 23, 2008
などを使ったりもするそうです。
A: I want to book a flight to Paris. Is it a direct flight?
B: No, sir. it’s via Seoul.
direct flight
飛行機には「直行便」と「経由便」がありますね。
いろいろ、言い方があるので、知っておくと迷わないですね。
直行便
nonstop flight
direct flight
経由便
indirect flight
stopover
via …
A: I can put you on the waiting list if you would like.
B: Well, I’ll take the next flight please.
put you on the waiting list
put は、「置く」と日本語で覚えてしまうと、このように目的語が
「人」の時には、うまくイメージがわきませんね。
新しく移す、どこかに移す、
基本動詞は、できるだけ「言葉」ではなく、
使われる・用いられる状況をイメージすることがカギですね。
take the next flight
こちらも、同様ですね。have, get, take, make, put は、
様々な状況で用いられますね。
本からの情報でなく、ドラマや映画など実際のシーンを使って
慣れる、身につけることも大事ですね。
あなたが横浜にお住まいなら、私たちの英会話教室で一緒に学びませんか?
ボランティア価格、少人数、70分レッスンと、とてもお得ですよ。
「日本人、ネイティブ」のどちらのレッスンもあるので、
理解が早まりますね。
無料体験レッスンもありますので、安心です。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(日本人講師なら、日本語で説明が聞けるので初心者でも安心ですね)
講座の連絡先は、こちらになります。
メールアドレス: toiawase@chot.biz
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今年も最後のレッスンの週になりました。
Have a happy new year!
You, too.
帰りには皆さん、あいさつをして帰ります。
カゼをひいてたり、ちょっと具合が悪かった生徒さんも、
「最後の週ですので、挨拶をしに来ました」
なんて、来て下さると、「ありがたい」気持ちでいっぱいになります。
昨夜から急に寒くなったり、カゼが流行っていますが、
ぜひ、お体に気をつけて、良いお年をお迎えくださいね。
そして、あなたが、
「この冬休みに英語を勉強しよう!」、
「来年こそは、キチンと英語を話せるようになろう!」
と、思っているなら、
「基礎をしっかり固める」こちらの学習をオススメします。
英文法セミナー →< 英文法解説 >
です。
来年始めのスタートになりますので、気分も新たに学習出来ますね。
この英文法セミナーでは、
累計6000人の方に英語学習指導を行っている鈴木さんが
あなたに「アドバイス」をしてくれますので、安心です。
セミナーでは、品詞を、ジグソーパズルになぞらえて、説明しています。
ピース、ブロックという言葉をつかい、
単語の並びを分かりやすく説明しています。
絵を多用して、ビジュアル的に分かる工夫がたくさんあります。
まずは、最初に30ページ以上にわたって、
この「品詞、文型、単語の並び」を説明しています。
そして、その後、他の章の説明でも、
「品詞、文型、単語の並び」の視点から、解説してあります。
品詞や文型について、これだけ丁寧に説明した英文法解説は
これまで見たことがありません。
そして、分かりやすいのです。
関係詞と疑問詞
不定詞、動名詞、分詞の特徴と使い方
形容詞・副詞と前置詞・接続詞の役割
バラバラに見える分野も、品詞の観点から見ると、
とても多くの共通項目があるので、理解しやすく記憶にも残りやすいのです。
さらに、
・ 自分で確認問題を解いて、解説を使って、理解を確実に出来る。
・ 分からない事は、直接、質問が出来る。
という内容です。
だから、英文法が確実に身に付くわけですね。
そして、「受動態、分詞、関係詞、比較、倒置」
など、苦手とする分野もきちんとサポートされています。
第1、2号 品詞 第29、30号 分詞
第3、4号 文型 第31~34号 第5文型
第5、6号 副詞 第35、36号 動名詞
第7~10号 前置詞 第37、38号 準動詞の注意点
第11~18号 接続詞 第39、40号 形容詞
第19、20号 受動態 第41~46号 疑問文・疑問節
第21、22号 倒置 第46~50号 関係節
第23~28号 不定詞 第51~56号 比較
(全300ページを越えるボリューム)
英会話初級者の方から、TOEIC高得点の方まで、広いレベルで
支持を得ているのは、まさに、
英文法の基礎 ⇒ 応用 へと分かりやすく展開する
英文法の解説だからなのですね。ぜひ、受講者の感想を参考にして下さい。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
(すでに、2800名以上の方が受講されています)
私も、この英文法セミナーの手法を
英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
「↓から無料で読者登録できるよ」と教えてあげてください。
→< 無料英語学習メルマガの購読 >

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.