マンツーマンで、初心者の大人・子供におすすめ!日本人講師だから、分かりやすく丁寧に教える英会話レッスンです。

「飛行機の離陸時や、機内アナウンス、質問」時の英語表現

飛行機に乗り込み、自分の席に座り、荷物を置いたら、ようやく少し落ち着けますね。

英会話に興味があるなら、離陸前の「英語のアナウンス」をよく聞いてみるのも、勉強になりますね。

A: シンガポール航空にご搭乗頂きまして誠にありがとうございます。

A: We are delighted to welcome you aboard Singapore Airlines.

動詞は、delight で、「(人を)喜ばせる」ですね。

感情の表現は、「受身、過去分詞:形容詞」でよく使われますね。

I’m delighted to have a chance …
、、、機会が持てて嬉しいです。

ちょっとフォーマルな感じに良いですね。

似た感情に、pleased 、glad 、happy などありますね。

welcome aboard は「決まり文句」ですね。

aboard で、「船(飛行機、列車、バス)に乗る」という意味で、

welcome aboard「ご搭乗ありがとうございます」という感じですね。

会社に(新しく)入ったときにも、言われることがありますね。

A: 345便は5分後に離陸いたします

A: The flight 345 is taking off in five minutes.

服や靴を脱ぐのも take off でしたね。

体に付けるもの、はずすものは、服・帽子・靴・眼鏡・指輪などかかわらず、

put on ⇔ take off

で、OKなので、便利ですね。

take、 put、 get などの動詞は、このパターンで会話でとてもよく使われる表現ですので、

丸暗記でなく、基本動詞、前置詞、副詞、を理解して下さいね。

A: シートベルトを締めて、座席をまっすぐな位置にして下さい

A: Please fasten your seat belt and put your seat in the upright position.

fasten は、動詞で、「留める、締める」ですね。

fasten – fastened – fastened

になりますね。

fastener ファスナー と言えば、ピン!と来ますね。

ところで、fast は、「速い」という形容詞、副詞ですが、

もう一つの意味は、「しっかり、固定した」という意味がありますね。

The door is fast against the wind.
ドアはしっかり閉まっている。

Hold the door fast against them.
ドアをしっかり閉めとけ

fast は、動詞では「食べてない、断食」ですね。

breakfast 朝食が、break(やめる)fast(断食)の意味から来ているので、覚えやすいですね。

このように、英単語は「単独、日本語訳」で覚えるより、関連の言葉と組み合わせるほうが、ずっと記憶に残りますね。

upright は、「まっすぐ」という感じですね。

きちんとしている感じも、ちょっと伝わりますね。

upright piano と、ネイティブに話した時、???という顔をされたことがあります。

日本ほどは、呼び名がポピュラーでないのかもしれませんね。

A: シートベルトを締める時、カチッと音がするのを確認して下さい。

A: When you buckle up the seat belt, make sure to hear the “click”.

こちらは、ベルトを締めるのに、 buckle up を使っていますね。

buckle は バックル・留め金ですね。

このように、動詞でも使えますね。

sure は「確か」ですが、このように、make sure の形で、
「ちゃんと確認する」と、会話でとてもよく使われますね。

Make sure to turn off the lights before you leave.
出る前に灯りを必ず消してください

B: すみません、あの、いつ座席を後ろに倒しても良いでしょうか?

B: Excuse me, but when can I get my seat back?

get my seat back
put your seat in the upright position
taking off
など、

基本動詞 + 前置詞、副詞の組み合わせが出てきましたね。

あれ、この日本語、「英語」で何て言うのかなぁ?

英会話を勉強していると、よく思うことですね。

英語を話すとき、「どの動詞を使うか?」が、カギになるのですが、、、

自分が話している日本語の「動詞自体はっきりしない」ことが会話ではよくありますね。

英会話では、

have, get, take, make, put, give

など、とてもよく使われますが、これらの動詞も「コレッ」と言って、はっきりした意味がありませんね。

どちらかと言うと、「曖昧あいまい」ですし、

だからこそ、会話の状況で、いろんな意味に使えるわけなんですね。

プラス、前置詞・副詞を伴うことで、その利用範囲が掛け算のように広くなっていくわけですね。

例えば、あなたが

up, down, in, out, on, off, ahead, back, behind
before, after, by, away, around, across, over, through, …

単体を見ただけで「ある程度のイメージ」が浮かぶようになれば、しめたものですね。

あとは、get, take, put のイメージと掛け合わせて、

あなたなりのイメージを持てれば、

「 日本語訳を覚えなくても、使いこなすことが出来る 」

ようになるわけですね。

get + in, out, on, off, up, down, ahead, behind

なら、人の移動、状況の変化を伝えられますね。

put + in, out, on, off, up, down, ahead, behind

なら、モノの位置、移動を伝えられますね。

モノには、物体だけでなく「考え、予定、行動」など様々ですね。

そして、それらが、文脈に従って、さまざまな日本語として現れたわけですね。

大事なことは、

「 日本語訳に惑わされるのでなく、
各々の基本の意味から、あなたなりのイメージを使って派生させる 」

ことですね。

多くの場合、この方法で使えるようになることが多いんですね。

英会話表現集:日常、旅行、ビジネス、TOEIC

日本人講師だから丁寧でわかりやすい! TEL お問い合わせ(ページ下) レッスン時間(目安) 10:00 - 20:00

英会話レッスンご案内

→ 英会話カフェでレッスン
福岡市西区ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

 

→ 英会話グループレッスン
「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

【鈴木拓】メール講座

推薦!わからないところは著者に直接ご質問できます。

 

「ゼロからの英語やり直し教室」
初心者でも安心。本当の基礎から丁寧に学習します♪

「分かる!解ける!英文法セミナー」
TOEICにも最適、英文法を分かりやすく学べます♪

「英会話のたの英文法G4C」
英会話に必要な英文法だけを効率良く修得します♪

最近の投稿

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.