英会話レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「皮膚科と泌尿器科での英会話」

体の調子の英会話です。今日は「皮膚科と泌尿器科での英会話」
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
今日は、皮膚科と泌尿器科で使う英語です。
A: あっちこっちかゆいんです。
A: 日焼けしました。
A: 肌が荒れているんです。
B: 保湿剤は使用していますか?
A: 小便をするのに問題があるんです。
A: トイレに行けないんです。
B: 食欲はいかがですか?
A: 尿の検査に来ました。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
=====【気になる表現をチェックしてくださいね】=====
今日は、いつもの会話でなく、患者さんが使うフレーズを主に集めてみました。
A: I’m itching all over.
痒いですね。動詞を使って、こんなふうにも言います。
My back itches. 背中がかゆい
This shirt iches. シャツがかゆい
かゆみを和らげる効果があれば、
It helps relieve itching
という感じですね。relieve という動詞がピッタリです。
A: I got sunburned.
日本語は、「日焼け」は言葉が一つですが、
英語では、suntan と sunburn を使い分けますね。
sunburn は、日焼けのしすぎですね。(笑)
tan は、褐色の色を表す言葉として、洋服や、靴などに
用いられることもありますね。
A: I have very rough skin.
B: Do you use moisturizer?
rough skin はシンプルな表現でした。
moisturizer は、日本語でも聞くかもしれませんね。
A: I’m having trouble urinating.
おしっこをする(こと)は、 urinate(urinating)です。
A: I can’t go to the bathroom.
B: How’s your appetite.
医学用語を使わなくても、会話ではこんなふうに
症状を伝えることも出来ますね。
名詞にこだわらなくてもいいんですよ。
食欲の appetite は、この機会に憶えましょう。
メニューのアピタイザー:前菜で聞いたことがありますよね。
A: I’m here for a urine test.
こちらが名詞です。(笑)

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.