英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

「耳鼻科と眼科での英会話」

体の調子の英会話です。今日は「耳鼻科と眼科での英会話」
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
今日は、耳鼻科と眼科で使う英語です。
A: のどが痛いです。
A: 耳が化膿(感染)しました。
A: 鼻がつまってます。
B: 家で、空気清浄機を使用していますか?
A: 目の検査に来ました。
B: モノが良く見えないんでしょうか?
A: 目が充血してます。
A: 目が痛いんです。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
=====【気になる表現をチェックしてくださいね】=====
今日も、患者さんが使うフレーズを主に集めてみました。
動詞 have の威力を存分に味わってください。
A: I have a sore throat.
アメリカで風邪を引いたときに、最初に憶えた表現がコレでした。
それまで、日本にいた時は sore という単語は
聞いたこともありませんでした。
A: I have an ear infection.
また、infection が出てきましたね。
前回は、歯医者さんで紹介しました。
A: My nose is stuffed.
B: Do you use air purifier in your house?
stuff は、「いろんなモノ・そんなモノ stuff like that」
という表現で、会話にはよく使われますね。
動詞だと「モノを詰める」意味も表します。
会話の重要単語の一つですよ。
air purifier な~んとなく、意味が想像できそうな単語ですね。
A: I’m here to have my eyes checked.
B: Don’t you see things very well?
またまた出ました、「 have + モノ + done 」
今回、人にやってもらうことは、「検査をしてもらう」でした。
A: My eyes are bloodshot.
bloodshot 充血。目の専用の言葉なんですね。
A: I have a sore eye.
またまた、sore でした。そして、have でした。
会話の英語は、簡単なパターンの表現でけっこう話せますね。
これで一通り、病院別の英語は終了です。
内科、小児科、産婦人科、外科、神経外科、歯医者、皮膚科、泌尿器科
そして、今日の、耳鼻科に眼科。

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.