出直し英会話 レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「あいさつ、対話」の英会話

さて、今日は「あいさつの対話1」です。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
[文章の見方]
A: は、質問する方の言い方です。B: は答える方の言い方です。
A: Are you here on vacation?
B: No, I’m not. I’m here on business.
A: What’s up?
B: Not much. Where’s your roommate?
A: She’s at work.
A: Are you busy these days?
B: As usual.
A: Is Linda here?
B: No, she isn’t.
A: Where is she?
B: She’s in the kitchen, I think.
===== 例文を、個別に見てみましょう! =====
A: は、質問する方の言い方です。B: は答える方の言い方です。
A: Are you here on vacation?
B: No, I’m not. I’m here on business.
A: は「休暇で来ているんですか?」と尋ねています。見たことある文章だと思
いますが、”使えますか?”A、B 両方とも「丸覚え」して下さい。「休暇で、
仕事で、」この2つのパターンが一番使いますからね。
こういう質問が会話のきっかけです。英会話が苦手な人は、こういう「きっかけ
フレーズ」が少ないのです。特に練習しましょうね。実践的です!
A: What’s up?
B: Not much. Where’s your roommate?
A: She’s at work.
A: は、お馴染みのあいさつ文ですね。「何か(変わったこと)あるかい?」ぐ
らいの感じなので、特に無ければ、
Not much, Nothing much, Nothing special 「特に何も」
みたいな返事になりますね。
A: Are you busy these days?
B: As usual.
A: は、日本人もよく使いたがる「きっかけフレーズ」ですね。B: の答え方で重
要なのは、「質問に答える」、「素早く、短く答える」です。英会話はここに、
ポイントをおいて練習してください。
「素早く、短く答える」← これが、出来ると、英会話が楽ぅーになりますよ。
A: Is Linda here?
B: No, she isn’t.
A: Where is she?
B: She’s in the kitchen, I think.
どうです。何てことない会話ですが、これが普通の会話です。10秒以内で、終わ
ります。
っで、ポイントは、
「質問に答えている」、「短く素早く答えている」ですね。(最後の B: の I
think も実は重要)
今日も、短く、簡単で、よく知っている(= 使われる)例文ばかりでした。
そして、英語が話せない人(例え、試験ができても)は、ココを重点的に、
- きっかけフレーズを丸覚えで増やす。
- 質問に答える。
- 短く、素早く。
(これができないのが、英会話が出来ない理由ベスト3)
練習してくださいね。これは、私がたくさんの「話せない人」を見てきた経験か
らのお話です。

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.