英会話レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「久しぶりに会った時の対話」の英会話

さて、今日は「あいさつの対話2」です。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
[文章の見方]
A: は、質問する方の言い方です。B: は答える方の言い方です。
A: Hello, Jessy. Long time no see. How have you been?
B: Can’t complain. How about yourself?
A: Pretty good. Hey, I heard that you work for Ford?
B: Yeah, so?
A: What do you do there?
B: I’m in charge of the engine assembly line.
A: Sounds important.
B: It is.
===== 例文を、個別に見てみましょう! =====
A: は、質問する方の言い方です。B: は答える方の言い方です。
A: Hello, Jessy. Long time no see. How have you been?
B: Can’t complain. How about yourself?
A: では、まず、名前を呼んでいますね。あなたが英会話教室で、先生と会った
ときに「名前」を呼んでいますか?挨拶で、「名前」を呼ぶのは、ネイティブに
はとても重要なことです。(どんなに重要か知ってます?)
A: の文は一息で、言い切れるように「くちぐせ」にしましょうね。(約3秒)
B: の can’t complain なんか、イカシタフレーズですね。使ってみたらどうで
すか?(文句なしね)
A: Pretty good. Hey, I heard that you work for Ford?
B: Yeah, so?
A: 会話の切り出しに、「Hey」を使ってます。「So」も良い切り出しです。(
by thw way だけだとちょっとねー)
疑問文でないのに「?」が付いてますね。イントネーションは第2の文法ですよ

B: は短いですが、ちゃんと質問には答えてますね。最も短い、「答え」と「質
問」です。知ってるだけでなく、使いましょう。
「so」はイントネーションでさまざまな意味があります。
A: What do you do there?
B: I’m in charge of the engine assembly line.
A: は「職業を尋ねる」有名なフレーズです。でも、状況でいろんな意味で使え
ますね。フレーズの背景を理解することはとても重要です。
(試験用丸暗記じゃ、ダ・メ・よ)
B: in charge of は、意外と、日常会話で使います。固い意味だけではありませ
ん。(あら、試験英語も役に立ってますね(笑))
A: Sounds important.
B: It is.
A: 主語さえも聞こえてきません。とにかくスピードですね。
B: この意味分かりますか?
「エンジン部門担当」ということで、「重要そうだね」と受け答えた、相手
に対して、「重要そう」ではなく、「重要なの」と断言しています。(ちょ
っときついかな?)
文は短くても、含みはたっぷりですね。
今日も、一文は短くて、シンプルでしたね。そして、今日の重要点は、イントネ
ーションでした。
短い文だからこそ、イントネーションにたくさんの意味が含まれます。筆記試験
では、音でさまざまに変化する意味までは学べませんね

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.