英会話レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「友達、同僚など、いつも会う人同士のあいさつ」時の英語表現

今回は、いつも会っている人同士のあいさつです。
いろんな言い方を英文で楽しんでくださいね。
(あいさつは、「日本語訳」にすると、分かりにくいですね。)
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
A: ハ~イ、Jeff。どうですか?
B: まぁまぁ。
A: ハ~イ、Andrew。何かある?
B: 特に(無いよ)。
A: ハ~イ、Rachael。何か(新しいの)ある?
B: 特に(無いよ)。
A: ヘイ、どうだい、Sally?
B: いいわよ。
A: いろいろどうだい?
B: いいわよ。
A: 今日はどうだい?
B: とっても良いわ。
「調子が良くない!とき」の場合です。
あいさつで、いつもいつも「good」はおかしい?と疑問に感じる
あなたは、こんな表現はいかがですか?
(あいさつは、「日本語訳」にすると、分かりにくいですね。)
A: 今日は順調かい?
B: あぁ~、最低。
A: どうしたの?
B: 悪いの!本当に最悪!
A: どうだい?
B: 知りたくないんじゃない。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
A: Hi, Jeff. How are you doing?
B: So so.
How are you doing?
もっとも、ポピュラーなあいさつの一つですね。
ぜひ、使ってみてください。
So so.
日本語の「まぁまぁ」に値する?と思いがちですが、、、
実際は、かなり「ネガティブ」に聞こえることがありますね。
私は、この言い方は、生徒さんには「オススメしていません」ね。
イントネーションにもよりますが、
日本語訳と、実際のニュアンスがかなり違う例かもしれませんね。
A: Hi, Andrew. What’s up?
B: Nothing much.
A: Hi, Rachael. What’s new?
B: Not much.
こちらも、よく聞くあいさつですね。
ちょっと若者向けかもしれません。
「学校」のシーンでは良く出てきますね。
答え方も、マスターしてくださいね。
ニュースがなければ、Not much 「うーん、別に。」
という感じですね。
これは、日本も一緒ですね。
もちろん、「何かあれば」それを切り出せると、より楽しいですね♪
A: Hey, How is it going, Sally?
B: It’s great.
A: How is everything?
B: Fantastic!
A: How is your day going?
B: Couldn’t be better.
このあいさつもポピュラーですね。
「it」が、他の言葉、「今日、学校、仕事、部活」など、
何にでも言い換えて使えますね。
答えかたも、fine だけでなく、great や pretty good なんか、
他の人が使っているのを聞いてみてくださいね。
It couldn’t be better.
は、
It could be better.
それは、(better)もっと良くなるなる(can)可能性がある
の否定ですので、
It couldn’t be better.
それは、(better)もっと良くなるなる(can)可能性が”ない”
⇒ つまり「それは、最高に良い」
という意味になりますね。
この、「couldn’t + 比較級」は、英語でよく使われる言い回しですが、
うっかりすると、「逆の意味」にとってしまいますので、
早く慣れてくださいね。
A: How is your day going?
B: Oh, it’s terrible.
terrible
私は、レッスンの時に、たまに「極端な例」をお話しすることが
あります。
生徒さんにも「極端」と承知の上で、聞いてもらうのですが、
それくらいインパクト(衝撃、影響)があると
記憶に残る ⇒ 咄嗟に思い出す ⇒ 実際のシーンで口から出る
ことがあるんですね!
How is ~? と感想や、意見、状態を尋ねられたときは、
まず、
good =「良いね」 | terrible =「ひどいね」
の、どちらかをすぐ口にしてください、と言います。
そして、その後、一呼吸置いて詳しいコメントや理由を述べて下さいと。
( But ~ と続けても良いんですよ。)
日本人は、「聞かれたときのレスポンス」が、とにかく遅いので、
これくらい、極端でも、実際には上手く行くことが多いんですね。
聞かれて「だんまり」
これが、最悪なんですね♪(たとえ、考え中でも)
A: What’s happening?
B: It’s bad! Really bad!
A: How is it going?
B: You don’t want to know.
You don’t want to know.
文脈が分かりませんが、「知らないほうが身のため」?
そんな雰囲気を感じてしまいました。(笑)
教科書みたいな、
How are you? I’m fine. So so.
は、実際には、あまり聞かないかもしれませんので、、
使える例文を身につけるようにしまようね。
聴くだけで学習できる、工夫された英会話教材スピードラーニングなら、
無理に日本語を介さなくても、自然に身に付きますね。
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
以下は、A~Dのどれが適当ですか?
1. This is the hospital —— I visited to see Kenny.
(A) which (B) where (C) when (D) why
では、こちらは?
2. This is the hospital —— I visited Kenny yesterday.
(A) which (B) where (C) when (D) why
(「分かる!解ける!英文法!」セミナーより)
答えはこちら → 英文法解説
hospital は、場所だから where ?
visit は、他動詞だから、which ?
自己流や、勘違いをそのままにしておくと、
英語が伸び悩んでしまいます。
「なんとなく単語を知っている」では、、、
「慣れ」の部分は良くても、
英語の理解については、太刀打ちできません。
ちょっと文が長くなっただけで、もう、
単語の意味だけでは、歯が立たなくなってしまいます。
私は、英会話の初級クラスの生徒さんでも、
必要に応じて「英文法」を取り入れて説明しています。
そして、
英文法をすっかり忘れた生徒さんでも、
必要なところだけ、上手に使うと、
それまで「単語の羅列」に見えた英文が
主語S ⇒ 動詞V ⇒ 目的語O + 「場所・時間・理由などの情報」
と、はっきりと、「色分けされたように」英文が見えてきます。
だから、英文がよく理解できるようになりますし、
さらに、英文を作れるようになっていくわけです。
まさに、日本語 ⇒ 英文 でなく、
英文法を理解すると、日本語を介さずに
「英語で、英文を作れる」ようになるわけですね♪
だから、早くしゃべれるようになります。
もし、あなたが、
英文法を「テストのためのもの」、テストを通してしか知らない
なら、もったいない話です。
英文法は、
あなたの英文に必要なポイントを、英文法の助けを使う
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ことに利用するものなんですね。
「英語を構造から理解する」⇒ 英語が分かる楽しみ
そんな、英語を「基礎からキチンと理解」していけるのが
「分かる!解ける!英文法!」セミナーです。
文法セミナー ⇒ 英文法解説
学生のころ「丸暗記」を強いられ、英語がちっとも伸びなかった、
Ken Adams こと鈴木さんが、
「英語を理解するための工夫」
を伝えるために作成した全く新しい英文法セミナーです。
英語が苦手だったのに、偏差値が半年で45⇒72に、
TOEIC は満点、そして英語が話せるようになった
「英語の構造」の理解の方法です。
私が、読んでも、
今まで見たこと無い視点から「英語を理解」する方法で解説され、
~~~~~~~~~~~
とても納得できる内容でした。
そして、分かりやすいのです。
~~~~~~~~~~
英語の一番初歩の「品詞」と「文型」から、丁寧に進みますから、
殆どのレベルの方が理解できますし、
それが、魔法のように、不定詞、分詞、関係詞などへと
難しい分野への理解につながっていきます。
通常の文法書では、「バラバラの項目」になっているのに、
それが、全て一貫して説明されているので、
英語が一つの綺麗な形で理解できるわけです。
まさに、
「丸暗記」とは、対極にある「理解しやすい工夫」です。
講座内容の説明もありますので、一度、目を通してみてください。
こちらです↓
文法セミナー ⇒ 英文法解説
私も、この方法を応用して、レッスンに使っています。
あなたの貴重な英語学習の時間を、
ぜひ「能率的」にしてくださいね。
私が、この文法セミナーを読んだ感想は、こちらです。
こちら →< http://denaoshi.chot.biz/2006/11/post_609.html >
ご質問は、
こちら ⇒ http://denaoshi.chot.biz/2006/04/post_43.html
より、お気軽にご連絡くださいね。
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、
同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.