出直し英会話 レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「遅刻の言い訳」時の英語表現

会社やミーティングに遅れたときの言い訳を、
英語で言ってみます。
でも、英語表現の問題と言うよりも、
やっぱり「遅刻しない」のが一番の得策でしょうか。(笑)
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
A: 仕事に遅れてしまって、申し訳ありません。
B: (それに関しては)心配しないで下さい。
A: あんた、また遅刻したの?
B: ごめんなさい、でも、(交通)渋滞が本当にひどかったんです。
A: (交通)渋滞でまた遅れてしまいました。
B: 下手ないい訳だなぁ。
A: 相乗りで行こうよ、明日っから始めよう。
B: できないわ。子供たちを学校に連れて行かなきゃいけないの。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
A: I’m sorry that I’m late for work.
B: Don’t worry about it.
late
late は、「○○は、遅い」、「遅い○○」のように形容詞で
使ったり、「遅くに○○した」、「遅くまで○○した」と、
副詞で使いますね。
「時間が遅い」と、「順番が遅い」で、比較の形がちょっと
違うのも、おもしろいです。
「時間が遅い、後から・最新」:later – latest
The products may arrive later than this date. この日より遅く到着する
the latest news (一番遅い)最新のニュース
「順番が遅い、後半・最後」:latter – last
the latter half of the movie 映画の後半部
the last page of the book 本の最後のページ
日常会話では、どちらの表現も良く使いそうですよね。
口で覚えてしまうのも良いと思います。
比較の説明も、こちらでは大変詳しく解説されていますよ。
こちらです ⇒ 英文法解説
A: You’re late again?
B: I’m so sorry, but the traffic was really bad.
traffic
交通、往来を表しますので、ここでは、
traffic was really bad 交通渋滞の意味で使えますね。
程度を表すときは、
little traffic 交通量が少ない
heavy traffic 交通量が多い
なども使います。
ラジオの交通情報では、「交通渋滞 a traffic jam」という
言葉も聴きますね。
jam は、イチゴなどのジャムと同じスペルですが、
「詰め込む、詰まる」などの動詞、名詞の方のことですね。
paper jam 紙詰まり
A: I’m late again because of the traffic.
B: That’s a lame excuse.
lame
「ダメな、下手な」などの悪いイメージの形容詞です。
lame excuse 下手な言い訳
lame explanation 下手な弁解
など、慣用的に使われます。
政治やビジネスでは、lame duck ○○( lame-duck ○○ )と、
duck がくっついて使われることも多いです。
A: Let’s car pool, starting tomorrow.
B: I can’t. I have to take my children to school.
car pool
車通勤も、一人一台の車ですと、渋滞や公害の問題がひどくなります。
これらの問題を緩和しようと、車一台に、二人、三人と相乗りを
すること:car pool が奨励されています。
car pool では、
高速で専用レーンを走行できたり、
料金の値引きや専用サービスがあったり、
いろいろな特典があります。
アメリカのハイウェイを、通勤時間帯に運転するときは、
「やけにこっちの車線は空いてるなぁ」
と思ったら、car pool の標示に注意してくださいね。
一人で車に乗って、car pool lane 車線を走ると、
罰金(fine)を取られますよ。
聴くだけで学習できる、工夫された英会話教材スピードラーニングなら、
無理に日本語を介さなくても、自然に身に付きますね。
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
文字を見ないで、英文をリスニングして、「何と言ってるか?」
確認するのは意外と難しいものです。
普段の会話なら、
「聞こえた単語」だけを拾い上げて、日本語の意味から
文章の意味を推測する。
こんな感じでも構いませんが、
リスニングのトレーニングなら、出来れば、
「英文」をそのまま自分でリピートしてみる
ことも行ないます。
そして、日本語の意味も、「要約、意訳」ではなく、
直訳で、前から順に日本語にしてみます。
例えば、今日の例文なら、
I have to take my children to school.
私は ⇒ しなければ [何を?] ⇒ 連れて行く [誰を?] ⇒
私の子供達を [どこへ?] ⇒ 学校へ
文が長くなるほど、文全体を覚えていることが難しくなります。
だから、「前から分かった順につぶしていく」
ことが重要になってきます。
その際、いつも、
S(主語)⇒ V(動詞)⇒ O(目的語)/ C(補語)
を、意識して、「質問を投げかけて行く」わけです。
[誰が?] ⇒ [どうした?] ⇒ [誰を?] ⇒ [どこへ?]
単語が出るたびに、次へ次へと、質問していくわけです。
あなたが、英語のリスニング練習で、英文をリピートするときに
この「次へと質問を投げかけて行く」方法を行なうと、
自然と、「英文」が話せるようになります。
リスニングと、英作文の両方の力を同時に鍛えることが出来るわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
例えば、こんな長い文でも、
The worse thing is that she found something at the bottom of
the bowl, when she almost finished it.
彼女は [どうした?] ⇒ 見つけた [何を] ⇒
あるものを [どこで?] ⇒ ボールの底で [いつ?] ⇒
彼女が [どうした?] ⇒ 殆ど終わった [何を] ⇒ それを
S(主語)⇒ V(動詞)⇒ O(目的語)/ C(補語)
を基に、「次の内容を質問するくせ」を身につければ
自然と英文が組み立つわけですね。
この「英語の構造:単語の並び」に、
不定詞、分詞、関係詞の用法をプラスしていくわけです。
すると、英語を「日本語で要約、意訳」していたころよりも、
ずっと早く理解することが出来るようになりますので、
TOEICなどの試験でも、
英会話のリスニングでも
スピードに間に合うわけです。
この「英語の構造:単語の並び」を身につけるのに、
オススメしている英語学習が、
文法セミナー ⇒ 英文法解説
です。
一貫して、品詞、文型、単語の並びが解説されていますので、
不定詞だろうが、疑問詞だろうが、関係詞だろうが、
「単語の並び」が見えるようになります。
「英語の構造」が理解できて、英語が読み進められるようになるわけです。
英語は、「地味に少しずつ」力が着いていきます。
英文法の良書をいつもあなたの手元に置き、
「疑問がわいたら、すぐ、文法書をチェック」するように癖をつけると、
英語学習の効果がとても上がりますよ。
セミナー内容は、一般の文法書にありがちな、「難解な英文法」ではなく、
英語の構造を理解するための手引書という形で、非常に分かり易いです。
そこが、私がオススメする理由でもあります。
文法セミナー ⇒ 英文法解説
英語が苦手だったのに、偏差値が半年で45⇒72に、
TOEIC は満点、そして英語が話せるようになった
「英語の構造」の理解の方法です。
私も、この方法を応用して、レッスンに使っています。
あなたの貴重な時間を、ぜひ「能率的」にしてくださいね。
私が、この文法セミナーを読んだ感想は、こちらです。
こちら →< http://denaoshi.chot.biz/2006/11/post_609.html >
ご質問は、
こちら ⇒ http://denaoshi.chot.biz/2006/04/post_43.html
より、お気軽にご連絡くださいね。
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、
同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.