出直し英会話 レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「ダイエットを始める」時の英語表現

ダイエットは、日本人にも関心が高いので、
意外と共通な話題になりそうですね。
どんな風に英語で話しているのか、早速、見てみましょう♪
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
A: それで、あなたの新しいダイエットはどんな調子?
B: いいわよ、もう12パウンドも減ったの。
A: それはすごいわね。ほんと、表れてるわ!
B: えぇ、じきに、新しいワードローブを買わないといけないわ。
A: それは良いねぇ。
B: えぇ、主人もこのアイディアを気に入ってるの。
A: まったくだわ。ダイエットを続けるのってつらくない?
B: そうでもないわ。一度、結果が見えてくれば簡単よ。
でも、最初の数週間はタフだけどね。
A: うん、私は、その地点を越えるところまで出来そうだと思えないの。
B: ただ続けるのよ。絶対やる価値あるわ!
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
A: So how is your new diet going?
B: Great, I’ve already lost 12 pounds!
So how is your new diet going?
ネイティブの友達と飲んでいるとき、
話題のきっかけは、いつもこのフレーズで始めます。
So, how is your ○○ (going) ?
それで、あなたの○○は、どう?
例えば、
So, それでぇ~、
How is your job going? 仕事はどうですか?
How is your trip going? 旅行はどうですか?
How is your life going? 生活はどうですか?
How is your preparation going for your ○○?
○○の準備はどうですか?
「 知っている 」だけではなく、ぜひ、使ってくださいね♪
I’ve already lost 12 pounds!
「痩せる」のもっともポピュラーな言い方ですね。
lose weight
You have to lose weight or you’ll have problems.
体重を減らさなきゃ、さもないと問題だよ。
lose の反対は、gain ですね。
In fact I’ve gained weight recently.
実際、最近太ちゃったし
A: That’s fantastic. It really shows!
B: Yeah, pretty soon I’ll have to buy a new wardrobe.
It really shows!
show は、「見せる」という意味ですが、会話でとても
使える動詞です。
場に現れる:
I doubt if he’ll show himself at such a big party.
彼がそんな大きなパーティーに出席するとは思えない.
態度や感情を表す:
His face showed (his) disappointment.
彼の顔に失望の色が浮かんだ.
教える:
I’ll show you the way to the station.
駅への道をお教えしましょう.
証明する:
He showed the man’s innocence.
彼はその男の潔白を証明した.
例文参照:New College English-Japanese Dictionary,
6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998
例文では、「分かる」という感じですね。
A: That must be nice.
B: Yeah, my husband loves the idea.
A: I’ll bet. Is it hard to stay on the diet?
B: Not really, once you start seeing results it’s easy.
But the first few weeks was tough.
I’ll bet.
bet は、「賭ける」という意味ですが、会話では、
「賭けても良いくらい、確かだ」という意味で、良く使われます。
I bet (you).
確かに, そのとおり.
You bet!
もちろん, そのとおりだ
アメリカに住んでいた時は、こんな時にも聞きました。
“Thanks a lot.” ― “You bet!”
「どうもありがとう」 「いいってことよ」.
例文参照:New College English-Japanese Dictionary,
6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998
A: Yeah, I can’t seem to make it beyond that point.
B: Just keep at it. It’s definitely worth it!
I can’t seem to make it beyond that point.
日本語訳は、ちょっと難しいのですが、英語的(?)には、とても
わかりやすい文です。
大事なポイントは、
I seem to ~ らしい、~のようだ
make it 出来る(達成・成し遂げる)
beyond ~ ~を超えて、~の向こう
「 ダイエットを続けるには、最初の数週を我慢すれば大丈夫 」という
アドバイスに、
「その数週の向こう:beyond」が can’t make it (と思われる)
と言ってますね。
It’s definitely worth it!
worth は、「価値がある」という意味ですね。後ろに it が
ありますが、これは、前の内容を受けていますね。
「 数週のタフな時期を乗り越えればダイエットはうまくいく 」
⇒ worth it
という感じですね。
今回の例文でも、
So how is your … going?
That’s fantastic.
It really shows!
pretty soon
That must be nice.
He loves the idea.
I’ll bet.
Is it hard to do ~
stay on
Not really
it’s easy : it’s tough.
I can’t seem to make it
keep at it.
It’s worth it!
どれも、「ネイティブの自然な受け答え」の代表たちですね。
あなたが、英語を話すとき、すぐ言葉に詰まって困っているなら、
ネイティブが良く使う英語表現に慣れるには、
自然に英会話表現に慣れてしまうスピードラーニングがオススメです。
「英語の知識」と「英語が口から出てくること」は、別モノです。
スピードラーニングは、耳からだけで、
英会話表現 + (日本語での)意味 + 英語圏の生活観
の3つを同時に習得できます。
一度、ストーリーを把握すれば、
細切れの時間でも、一つ一つの英語表現を集中学習できますので、
ちょっと空いた時間でも、英会話学習が出来るんですね。
コツコツ「ネイティブの英語音声を聴く」ことが、
英会話上達の一番近道なんですね♪
詳しくは →スピードラーニング体験談をご覧下さい。
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
先日は、フィギュアスケートのグランプリシリーズ、ロシア杯が
行われ、中野選手が2位に入りました。
テレビでは見れなかったのですが、ニュース記事を見つけました。
The Japan Times ONLINE
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/sp20071126a1.html
Monday, Nov. 26, 2007
Nakano takes silver
Nakano, who was second after the women’s short program, collected a
total of 172.77 points after a brilliant free skate and booked her spot
in next month’s Grand Prix Final.
ちょっと長くて読みにくいので、区切ってみましょう。
Nakano, (who was second / after [the women’s short program],)
(ショートプログラムで2位につけた)
collected [a total of 172.77 points]
after [a brilliant free skate]
and (Nakano) booked her spot (出場権を手に入れた)
in next month’s Grand Prix Final.
単語の羅列だと、ちょっと読みにくいですが、
文の構造が見えると、意味がす~っと入ってきますね。
インタビューです。
“There were a few jumps that lacked the necessary rotations but I’m
glad I ended without making any mistakes. I still have some practice
time before the Grand Prix Final, so I wanted to reach a higher level.”
こちらも、区切ってみましょう。
There were a few jumps
that lacked [the necessary rotations] 必要な回転が足りなかった
(that は、jumps を指していますね)
but I’m glad
(従属接続詞 that が省略されています)
(that) I ended without [making any mistakes].
(前置詞の後に動名詞です)
I (still) have [some practice time]
before the Grand Prix Final,
so I wanted to reach [a higher level].
少々長い文でも、
・ S V O (C) の並び
・ 関係詞、不定詞、動名詞 の用法
・ 接続詞のつながり
(今回は、after, and, that, but, before, so など)
を、しっかり捉えられると、意外とすんなり理解できます。
英語が上手な方の多くが、
「英語を楽しみながら学ぶ」
大事さを言っています。
あなたが、今回のようにフィギュアスケートが好きなら、
海外のニュースを読むと、英語の勉強にもなりますね。
海外で行われたスポーツは、日本での情報が少ないので、
英語のニュースを見る機会も増えますね。
英文法のしっかりした基礎さえ身につけていれば、
いろんな情報が、すぐに教材に変わるわけです。
あなたが、「英語のニュースが読める」基礎の英文法を
身につけたいなら、こちらをオススメします。
「分かる!解ける!英文法!」
文法セミナー
これは、通信簿2から、いきなり、TOEIC900まで伸びた、
『 英語の理解の方法 』
の、集約です。
どの項目も、初心者、学習者が、英語につまずく点を
分かりやすい工夫で解説してあります。
「理解できた秘密」の例文、解説、コツがたくさんあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
英語の一番初歩の「品詞」と「文型」から、丁寧に進みますから、
安心ですし、
それが、魔法のように、不定詞、分詞、関係詞などへと
難しい分野への理解につながっていきます。
通常の文法書では、「バラバラの項目」になっているのに、
それが、全て一貫して説明されているので、
英語が一つの綺麗な形で理解できるわけです。
講座内容の説明もありますので、一度、目を通してみてください。
こちらです↓
文法セミナー
あなたが、今の英語の学習に伸び悩みを感じているなら、
「英語の構造を基礎からしっかり理解できる」このセミナーは、
役に立ちますよ♪
私が、この文法セミナーを読んだ感想は、こちらです。
こちら →< http://denaoshi.chot.biz/2006/11/post_609.html >
ご質問は、
こちら ⇒ http://denaoshi.chot.biz/2006/04/post_43.html
より、お気軽にご連絡くださいね。
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、
同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
→< http://denaoshi.chot.biz/2006/05/post_259.html >

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.