出直し英会話 レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「ピクニックを計画して誘う」時の英語表現

新年は、一年の目標を決めるのに最も良い時期ですね。
あなたの英語の「具体的な目標」を決めるお役に
立てますようがんばって書いていきますので、よろしくお願いいたします♪
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
A: ハーイ、Sue!
B: ハーイ!
A: 今日は何するの?
B: 別に、なんで?
A: 今日の午後、
Gregと僕と一緒にピクニックに君が行きたいかなぁと思ってんだけど。
B: もちろん!素敵なアイディアね。ピクニックに完璧なお天気だし。
A: よかった!じゃぁ1時間後ぐらいに君の家で会おうよ。
B: オーケー。もしあなたがサンドイッチを持ってきたいなら、
私、飲み物とデザートをつめようかな。
A: 良いねぇ。じゃぁ1時間後ぐらいね。
B: 分かった!じゃぁまた、そのとき!
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
A: Hi Sue!
B: Hi!
A: What are you doing today?
B: Not much, why?
What are you doing today?
Not much, why?
What are you doing? ← 「 today 」が無ければ、
「(今)何してるの?」と、今やっていることを尋ねますね。
でも、today を付けるだけで、「今日は何するの?」
現在やっていることを尋ねるというより、
「今日の予定」を尋ねる感じになります。
現在進行形では、本当に現在行っていることや、
直近のこれから行う予定を表すことも出来ますね。
あいさつなどで、「今日はどう?何かある?」という問いで、
特に用事が無いときは、
Not much, Nothing
など軽く答えますね。
この例文では、「ハーイ」の後にいきなり、「今日の予定は?」と
聞かれましたから、自然と、「why なんで?」理由を聞きたくなりますね。
A: I was wondering
if you wanted to go on a picinic with Greg and I this afternoon.
B: Sure! What a great idea. It’s perfect weather for a picnic.
I was wondering if
wonder は、「どうかな~(と思う)」という感じですね。
if 以下の文の内容を、『僕は「どうかなぁ」と思ってたんだけどね』
ですので、「誘っている」わけですね。
このように、「人に何かお願い事をする」時に
I was wondering if は、とてもよく使われます。
was wondering と、時制が過去になっていますが、
このように、「人にお願い事をする」時には、よく、
この過去の形が出てきますね。
Could / Would you please do ~
I would like to do ~
過去の形は、単に「時間」だけでなく、
直接 ⇒ 間接、距離をおく、婉曲、事実ではない
こんな効果がありますね。
お願い事なら、「お願い事・その内容から距離をおく」ですから、
とても丁寧な感じになりますね。
「 今の話なのに、なぜ過去形?」と思ったら、思い出してくださいね。
perfect weather
「 すばらしい 」を表す言葉は、
wonderful; marvelous; fantastic;
great; fabulous; magnificent;
なんてありますが、その中に、この「 perfect 」も加えておくと
意外と会話で重宝しますね。
ちょっと違いますが、cool, miracle, beautiful, lovely なんかも、
会話で、あなたの気持ちを表すのを助けるかもしれませんよ。
A: Great! I’ll meet you at your house in around an hour then.
B: Okay.
I’ll pack some drinks and dessert if you want to bring some sandwiches.
A: Sounds good. I’ll see you in about an hour then.
B: All right! See you then!
in about an hour
時間で、「これから~分後、~時間後、~日後」のように、
今から未来を表すのは、前置詞 in を使いますね。
例文でいくつか、前置詞が出てきましたので、review しましょう。
go on a picinic with Greg and I this afternoon.
on :
go on a trip など、on には、「目的・用事」を表す感じがあります。
with :
with は、「文の内容 + アルファ」を表すことが出来ますね。
この場合は、ピクニックの参加者ですね。
perfect weather for a picnic.
for :
for は、「理由・目的」を表すのに良く使われますね。
天気の判断目的が、ピクニックになりますね。
at your house in around an hour then.
at :
at は、「ピンポイント」の感じがありますね。
ですので、「待ち合わせ場所」を表すのにはうってつけですね。
前置詞は、「日本語訳」で覚えるのでなく、
前置詞そのものが持っている基本のイメージを捉えることが、
英語の理解を助けます。
こちらは図解の説明で分かりやすいですよ。
こちらです ⇒ 英文法解説
聴くだけで学習できる、工夫された英会話教材スピードラーニングなら、
無理に日本語を介さなくても、自然に身に付きますね。
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今週から、教室が始まります。
生徒さんたちにも、「今年の目標」を話してもらいます。
英語・英会話の学習で難しいところは、
「自分の成長が、自分では分かりにくい」
ところなんですね。
自分で「努力した」と思うほど、すぐにはうまくなりません。
そして、自己嫌悪から、ダンダン勉強がおっくうになるんですね。
でも、毎週、コツコツとレッスンを重ねていけば、必ず知らなかったことが
1つや2つはあるものです。
そして、その積み重ねが、一年前の自分と比べれば、「大きな変化」に
なっていくんですね。
周りの人には、それが良く分かります。
しばらくぶりに会った友達に、
「あなた、英語話せてうらやましいわ~」
本人は気づかなかったのに、突然、
そんな風に言われた生徒さんもたくさんいます。
英会話の学習に効果的なのは、
「 理論・知識 」 ⇔ 「 実践 」 を交互にやる!!
ことです。
学んだことを、実際の例文で目にすることで、
より、理解が深まります。
実践で何度も慣れることにより、
「新しい知識」⇒「当たり前」に変わって行きます。
もし、あなたが「英語の理論・知識」があやふやなら、
まずは、「基本の知識、正しい知識」である、「英文法」を
キチンと理解することをオススメします。
それには、もっとも基礎で重要な品詞から、
丁寧に説明しているこちらがオススメです。
こちらです↓
文法セミナー ⇒ 英文法解説
通常の文法書が、「項目ごと」の説明なのに対し、
このセミナーでは、品詞と単語の並びを一貫して説明します。
そのため、不定詞、分詞、関係詞、など難しい項目になっても、
簡単な基礎の内容の延長上で理解できるので
~~~~~~~~~~~~~~~~
分かりやすく、挫折しにくいわけです!
私も、この方法をレッスンに採用しています。
( 生徒さんも、「英語がシンプルに理解できる」と大変好評です)
文法セミナー ⇒ 英文法解説
そして、「英文法」を「頭で理解」したなら、
すぐ、それを「本物の英会話例文」で確認するわけです。
ネイティブが良く使う英語表現に慣れるには、
自然に英会話表現に慣れてしまうスピードラーニングがオススメです。
「英語の知識」と「英語が口から出てくること」は、別モノです。
スピードラーニングは、耳からだけで、
英会話表現 + (日本語での)意味 + 英語圏の生活観
の3つを同時に習得できます。
一度、ストーリーを把握すれば、
細切れの時間でも、一つ一つの英語表現を集中学習できますので、
ちょっと空いた時間でも、英会話学習が出来るんですね。
コツコツ「ネイティブの英語音声を聴く」ことが、
英会話上達の一番近道なんですね♪
詳しくは →スピードラーニング体験談をご覧下さい。
あなたは、どちらの学習が不足していますか?
知識だけでも、実践だけでも、偏っていては、
なかなか上達しません。
あなたが、今、本当に気づいた、分かった、理解できた知識を、
例文で、聞いてみる、声に出してみることで、
理解がぐっと深まりますよ♪
慣れることで、知識が本当に自分のモノとなり、
とっさの時でも、英語が話せるようになるわけですね♪
せっかくの一年です。
無理せず、コツコツと力を着けることが出来るように、
計画的に、学習を進めてくださいね。
~~~
私もメルマガで、お役に立てますようにがんばります!
ご質問は、
こちら ⇒ http://denaoshi.chot.biz/2006/04/post_43.html
より、お気軽にご連絡くださいね。
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、
同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.