出直し英会話 レッスン 横浜:桜木町,みなとみらい,東戸塚,保土ヶ谷,元町,関内,石川町

「知らずに秘密を漏らした」時の英語表現

(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
A: ちょっと話できるかな、Janet?
B: えぇ、どうしたの?
A: 僕の妻に僕が計画している旅行のこと話したかい?
B: えぇ、なんで?私、何かいけないことしたかしら?
A: したんだよ。
あれは彼女の誕生プレゼントで彼女をびっくりさせたかったんだよ。
B: まぁ、ごめんなさい。知らなかったのよ。私は、今何すれば?
A: 君が出来ることは無いよね。彼女、今はみんな知ってるし。
B: 本当にごめんね、全部台無しにしちゃって。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
A: Can I speak to you for a moment, Janet?
B: Yeah, what’s up?
for a moment
moment は、「短い時間」の感じで、よく会話に使われますね。
電話などでも、「ちょっと待ってください」
Just a moment.
Wait a moment.
One moment, please.
よく聞きますね。
「短い時間」ですので、
この単語をわざわざ使うと強調の感じも出てきますね。
私の好きなラブソングで、
Shania Twain の「 From This Moment On 」の lyrics:歌詞
でも、そんな感じがします。
From this moment life has begun
From this moment you are the one
Right beside you is where I belong
From this moment on
what’s up?
挨拶の英会話を勉強していると、出てきそうなフレーズですよね。
ここでは、急に「ちょっと話があるんだけど」と、断られたので、
「どうしたの?何かあったの?」そんな感じですね。
普段の挨拶なら、
「どうだい?」みたいな感じですので、
何かあれば、それを答えますし、
特に無ければ、普段の挨拶みたいな感じですので、
そんなときは、
Not much, Nothing,
軽く答えて、
How about you?
と、聞き返したりしますね。
A: Did you tell my wife about the trip I’m planning?
B: Yes, why? Did I do something wrong?
about the trip I’m planning
「 about the trip:旅行について 」の、旅行の説明が、
「 I’m planning:私が計画している 」になりますね。
目的語の関係代名詞は、省略されることが多いですね。
A: You sure did. It’s her birthday gift and I wanted to surprise her.
B: Oh, I’m sorry. I had no idea. What do I do now?
You sure did
sure も、会話でとてもよく使われますね。
例文のように、動詞を強調することもあります。
「(もしかして)私、何かやっちゃった?」との問いに、
「(そうなんだよ)確かにやっちゃった」と答えていますね。
sure は、他にも、こんな表現は、サッと口から出ると良いですね。
Are you sure? マジ?
I’m sure. マジ。
I don’t know for sure that ~
~が、確か?か、分からないけど
Make sure to ( do ~)
ちゃんと、~してくださいね。
I wanted to surprise her
surprise は、「(人を)驚かせる」という動詞ですね。
ですので、I surprise her. になります。
でも、ニュースなどで、「びっくりする」というケースが
多いので、
I was surprised at (by) the news.
と、「受身」ぽい形で、よく使われますよね。
こんな、~ed の形の単語は、
tired:疲れてる、 bored:つまらなそう、 excited:興奮してる
depressed:落ち込んでる、embarrassed:恥ずかしい
なんて、おなじみですね。
A: There’s not much you can do. She knows everything now.
B: I’m really sorry for ruining everything.
ruining everything
ruin は、辞書で見ると、
「 破滅させる、荒廃させる 」など、
ちょっと固そうな訳が多いのですが、
意外と、今回の例文みたいな日常会話でも使われますね。
「 台なし、めちゃめちゃにする 」なんて感じですね。
予定や、計画なんかにも使えますし、人そのものにも
使ったりしますね。
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今日ご紹介した、曲「 From This Moment On 」を歌っている
シャナイア・トゥエイン Shania Twain 。
知っていましたか?
調べてみると、ちょっとすごそうですよ♪
参照:http://en.wikipedia.org/wiki/Shania_Twain
Shania Twain is a Canadian singer and songwriter
in the country and pop music genres.
カナダの人ですね。カントリーシンガーでも有名です。
Her third album Come on Over is the biggest-selling album
of all time by a female musician,
and the best-selling album in the history of country music.
アルバム「Come on Over」は、女性歌手として、
そして、カントリーミュージックとして大成功しました。
She is the only female musician
to have three albums certified Diamond
by the Recording Industry Association of America,
Diamond は、1000万の売り上げになります。
プラチナセールスの10倍です。
Twain has achieved both critical and financial success,
having received five Grammy awards,
27 BMI Songwriter awards,
and sold over 65 million albums worldwide to date.
5つのグラミー賞、27の作詞作曲関係の賞を手にしています。
名前は良く知りませんでしたが、曲を聴くと、
「あ~、知ってる、この曲」というのがいくつもありました。
、、、
実は、今日も「どうやったら、英語が出来るようになりますか?」と、
生徒さんから質問を受けたのですが、
もっとも効果的な方法の一つは、やっぱり、
「できるだけ、多く英語に触れる」
に、なってしまいますよね。
こんな風に、ちょっと興味のあることも、
サッと、英語で調べられれば、ドンドン単語や知識が蓄積されます。
でも、それには、
「基礎」の英語力
が無いと、どうしようもありません。
あなたも、
この冬休みの、「ちょっとした時間」をぜひ、有効活用して、
「基礎の英語力」を身につけてみましょう。
普段は、コツコツ同じことを繰り返して、
このような、休みを利用して、
すこしだけ、集中的に時間を割くだけでも、
かなりの成果が見込めると思います。
英語の基礎力でもっとも大事なのは、「 英文法の理解 」です。
基礎の品詞から、キチンと学べるのが
「分かる!解ける!英文法!」セミナーです。
このセミナーは、
学生のころ「丸暗記」を強いられ、英語がちっとも伸びなかった、
Ken Adams こと鈴木さんが、
「英語を理解するための工夫」
を伝えるために作成した、全く新しい英文法セミナーです。
英語の一番初歩の「品詞」と「文型」から、丁寧に進みますから、
殆どのレベルの方が理解できますし、
それが、魔法のように、不定詞、分詞、関係詞などへと
難しい分野への理解につながっていきます。
通常の文法書では、「バラバラの項目」になっているのに、
それが、全て一貫して説明されているので、
英語が一つの綺麗な形で理解できるわけです。
まさに、
「丸暗記」とは、対極にある「理解しやすい工夫」です。
講座内容の説明もありますので、一度、目を通してみてください。
こちらです↓
文法セミナー
英語が苦手だったのに、偏差値が半年で45⇒72に、
TOEIC は満点、そして英語が話せるようになった
「英語の構造」の理解の方法です。
あなたが、英語の学習に伸び悩みを感じているなら、
「英語の構造をしっかり理解できる」このセミナーは、役に立ちますよ♪
私が、この文法セミナーを読んだ感想は、こちらです。
こちら →< http://denaoshi.chot.biz/2006/11/post_609.html >
ご質問は、
こちら ⇒ http://denaoshi.chot.biz/2006/04/post_43.html
より、お気軽にご連絡くださいね。
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、
同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
→< http://denaoshi.chot.biz/2006/05/post_259.html >

英会話表現集

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.