福岡、姪浜での英会話レッスンです。

電話の英会話をご紹介いたします。

【 Martin 家です。どちら様でしょうか? 】

家に電話がかかってきました。

A: 電話が鳴ってるぞぉ。
B: 私が取るわ。

A: The phone is ringing.
B: I’ll get it.

I’ll get it

get は、様々な意味、シーンで使われますね。

”get it ”を使うシーンだけでも、

I got it :手にした

Now I get it : わかったよ

Get it? わかったかい?

You’ve got it! : そのとおりだよ

I’ll get it. 私が(電話、ドアに)出ます

You’re going to get it : おこられるぞ

いろいろありますね。

A: Martin 家ですが。
どちら様でしょうか?
B: 日本から Jeff ですけど。

A: Hello, Martin’s residence.
Who’s calling please?
B: I’m Jeff from Japan.

Martin’s residence

家に電話がかかってきた時は、

「はい、○○です」と、

名字を言いますね。
それの英語版みたいですね。

動詞 reside が「住む」という意味で、

その名詞が residence 「住んでる所、家」ですね。

the place, esp. the house,
in which a person lives or resides; home.

a residential district 住宅地

I’m Jeff from Japan

いろいろな言い方があると思いますが、この場合は、

「九州の○○おじさんだけど」

なんてフレーズに、from はぴったりですね。

A: もしもし、Martin 家ですが。
B: やぁ、Bob、君かい?

A: えぇ、誰ですか?
B: 俺だよ、いとこの Jeff だよ。
元気かい?

A: Hello, Martin’s residence.
B: Hey, Bob, is that you?

A: Yeah, who’s this?
B: It’s me, your cousin, Jeff.
How are you doing?

Hey, Bob, is that you?

ビジネスと違って、友達、知り合い同士だと、ずいぶん、気楽に話しているみたいですね。

電話の声だけで、「Bob かい?」と察しています。

who’s this?

こちらは、「誰からの電話?」か、まだ分かっていませんので、

who’s this?

と尋ねていますね。

It’s me

「 俺だよ、俺 」、「私よ、私」そんな感じがしますね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン