A: チケットとパスポートをお願いします。
お席は、窓側と通路側、どちらがよろしいですか?

A: May/ Can I see your ticket and passport please.
Would you like a window or an aisle seat?

B: はい、どうぞ。
通路側をお願いします。

B: Sure, here you are.
An aisle seat please.

A: おいくつ荷物を預けますか?
ここに置いてください。

A: How many bags are you checking-in?
Please put them here.

B: はい。
これ一つだけです。

B: Sure.
Just this one.

I have one checked piece and one carry-on.
一つが預け入れで、一つが機内持ち込みです

checked baggage : 預け入れ荷物

carry-on (baggage): 機内持ち込み手荷物

の意味になりますね。

ホテルでも、貴重品を預けるのに、check が使えますね。
保管先は、with や、at で表せますね。

I checked my valuables at the reception desk.
貴重品を受付に預けた

A: ご自身でお荷物は詰めましたか?
燃えやすい、可燃性のものがお荷物に入っていませんか?

A: Did you pack these bags yourself?
Are there any flammable items in your luggage?

もしも、荷物の中に、変なものが紛れ込んでいた場合、大変なことになってしまいますね。

自分自身で、自分のものだけを荷物に詰めるように、飛行機に乗る際の荷物は、十分気をつけましょう♪

flame は、「炎、燃える」ですね。

flammable は、「燃えやすい」ですね。

luggage、 baggage は、英語、米語ですこし異なりますが、bags や suitcases「荷物」の類を指しますね。

数えませんので、

Both these words are uncountable nouns.

Don’t talk about ‘luggages’ or ‘a baggage’.

となりますね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン