ネイティブ英語感覚が身につく横浜の英会話教室:「学校英語よりやさしいネイティブ英語だからあなたも英語が話せる!
日常、旅行英会話の表現やTOEIC、ビジネスに役立つ学習法も紹介。無料英語メルマガを約3万人に配信中
  • 1年でTOEIC 900の秘訣
  • 英会話で使える。英文法解説
  • 初心者でも安心の英会話!
  • 英字新聞もスラスラ読める!

    通信簿2、偏差値30の英語嫌いが1年でTOEIC 900達成! 英会話の実質最上級レベルも到達した英語学習法、そして、そのきっかけとなった英会話に使える、英文法解説をご覧下さい。
  • after all 「いずれにしろ」

    ● 今日の表現:「いずれにしろ」

    ○ 例文:
    いずれにしろ、やつはお前の上司だ、だから招待しないとな。

    =====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

    今日の例文は...
    あの後輩は俺も嫌いさ、でもしょうがないよな~、今じゃやつが上司なんだから
    ...ブツブツ

    「だから招待しないとな」のところは、so invite him としました。


    今日のイメージは...
    「後(あと)+全部」です。イメージしました?

    「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。

    (-.-;)y-~~~

    =====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)

    (英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)


    ● 今日の表現:「いずれにしろ」
    after all

    ○ 例文:
    After all, he is your boss, so invite him.
    いずれにしろ、やつはお前の上司だ、だから招待しないとな。

    英辞郎で、after all を「どういう日本語」で表現しているか調べてみました。

    すると、

    (いろいろ言ってみたが)やはり、結局(のところ)、どっちみち、どのみち、
    究極のところ、とどのつまり、煎じ詰めると、あれほど~しても、それほど~し
    ても、だって、とにかく、何しろ~だって…なのだから、どうせ~なんだが、何
    と言っても、どうあろうと、~してきた今、曲がりなりにも、高が、しょせん、
    第一、要するに、所詮

    どうですか?みなさんがこれまで、「あれ~、この日本語、英語で言ったら何て
    言うんだろう???」と、思い悩んだ日本語表現がありませんか?

    英語を話せる人は、

    「どんな日本語表現も英語にしてしまう人」

    と思っているんじゃないでしょうか?

    私は、そうは思っていません。私は、「言いたい事を、英語を使って伝えられる
    人」が、英語を話せる人と思っています。日本語表現の英訳にはこだわりません。

    日本語は、「微妙なニュアンスを持っている」と言われますが、英語の after
    all も、結局(after all)、微妙なニュアンスを持っているような気がしまし
    た。

    それでは、今日も、例題でイメージをつけるトレーニング!

    「簡単・短い・会話で良く使う」フレーズ

    日本語を英語に訳すのではなく、シーンに合ったフレーズを思い出せるようにし
    ましょうね。それには、例題でイメージをつけるのが一番ですね!


    海外転勤A:そんで、本社のトラブルはどうしたんだい?

    海外転勤B:I went to Japan after all.


    技術者A:ライバル会社のあいつが、うちの部署に転職してくるとは驚いたな!

    技術者B:It's a small world after all.


    村人A:無計画に木を切りすぎたから、めぐりめぐって、この自然災害だ!

    村人B:After all, we're only human.

    お役立ちサイト:みんなの英会話奮闘記

    関連エントリー

    taste like:「~のような味」
    in common:「共同で、共通に」
    take for granted:「当たり前と思う」
    make fun of:「からかう、笑いものにする」
    let ~ know:「知らせる」
    take care of:「世話をする」
    take advantage of :「利用する」
    keep track of 「把握する」
    get something wrong 「誤解する」
    for the time being 「当面は」
    for now 「差し当たり、今のところ」
    cut corners 「手抜きをする」
    come to think of it 「考えてみればぁ、」
    by any chance 「もしかして」
    blame 「~のせいにする」
    be up to 「~次第」
    be dying to「死ぬほど~したがる」
    be behind 「遅れている、たまっている」
    as I used to be「以前、~だったように」
    about to 「ちょうど~するところだった」
    according to 「~によれば」
    after all 「いずれにしろ」
    a little too 「ちょっと~し過ぎ」
    all day long 「一日中」
    all of a sudden 「いきなり、突然」
    all the way 「最後まで」


    無料レポート「学校じゃ教えてくれないネイティヴも驚く英会話表現集」
    学校じゃ教えてくれない。でも、ネイティヴがよく使う表現です。

    英会話表現はネイティヴが使う自然なものを学ぶのが一番! 海外ドラマで使われたものをそのまま解説いたします。 これ使ったらネイティヴもびっくりですよ!

    英会話表現を無料レポートにて、約3万人が読者登録中の無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は無料、不要になったらいつでも配信停止可能

    無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯不可)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
    ※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。


    更新履歴
    桜木町・東戸塚・保土ヶ谷で 『ボブとトシの英会話講座』 を開催中(ボランティア価格)詳しくはこちらです♪

    9/15 今日の英単語 dispute
    B: It is in the downtown historic district. B: ダウンタウン史跡地区にあります。 downtown historic district distri...

    この無料英語メルマガを申し込む




    今日のランキングを見てみる