ネイティブ英語感覚が身につく横浜の英会話教室:「学校英語よりやさしいネイティブ英語だからあなたも英語が話せる!
日常、旅行英会話の表現やTOEIC、ビジネスに役立つ学習法も紹介。無料英語メルマガを約3万人に配信中
  • 1年でTOEIC 900の秘訣
  • 英会話で使える。英文法解説
  • 初心者でも安心の英会話!
  • 英字新聞もスラスラ読める!

    通信簿2、偏差値30の英語嫌いが1年でTOEIC 900達成! 英会話の実質最上級レベルも到達した英語学習法、そして、そのきっかけとなった英会話に使える、英文法解説をご覧下さい。
  • be dying to「死ぬほど~したがる」

    ● 今日の表現:「死ぬほど~したがる」

    ○ 例文:
    彼らはとってもここから出て行きたがっている。


    =====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

    今日の例文は...
    若い人は都会にあこがれるんじゃよ。この村にいても仕事もないしのう...


    「出て行く」は、get away from を使いました。


    今日のイメージは...
    「死にそうなくらい」です。イメージしました?

    「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。

    (-.-;)y-~~~

    =====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)

    (英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)


    ● 今日の表現:「死ぬほど~したがる」
    be dying to

    ○ 例文:
    They're dying to get away from here.
    彼らはとってもここから出て行きたがっている。


    「とっても、しきりに~したがる」を日本語でも、「死ぬほど~したい」と言いますね。私には日本語にも英語にもこんなそっくりな表現があるのが不思議でたまりません。

    どちらがまねたのなら分かりますが、人の行き来もなかった遠い昔に同じ表現があったのなら、人ってみな、おんなじだなぁ~と思うんです。

    dying が出てきたので、今日は、いつも混乱しそうな die, dying, dead の使い方を整理してみましょう。あなたは、うまく使いわけて話していますか?

    彼(He)には申し訳ないのですが、He さんに登場してもらいます。時間経過とともにどんな表現が使われるか見てみましょう。


    1.He will die. 「彼は死ぬでしょう」(die:動詞)
    不治の病にかかってしまいました。医者が宣告するような表現ですね。


    2.He is dying.「彼は死にそうだ」(die:動詞)
    衰弱しきっています。回復する様子が見られません。


    3.He died.「彼は死んだ」(die:動詞)
    亡くなった行為・動作を伝えています。


    4.He is dead.「彼は死んでいる」(dead:形容詞)
    この表現は、彼の様子を伝えることになります。


    3.と4.が分かりにくいですね。こういう状況を想像してみましょう。

    3.質問した人は、彼が具合が悪いことを知っていた。そこで、答える人は「彼の行為・動作=死んだ」を報告した。

    4.質問した人は、彼にしばらく会っていなかったので、「彼はどうだい?元気かい?」と尋ねた。そこで、答える人は「彼の様子・状況=死んでいる」を知らせた。


    どうですか?少しはすっきりしましたか?この言葉の違いが一番よく分かるのは映画やドラマです。特にアメリカものは、この言葉がしょっちゅう出てきます。頭で考えるのではなく、シーンで覚えてしまいますよね。

    お役立ちサイト:みんなの英会話奮闘記

    関連エントリー

    taste like:「~のような味」
    in common:「共同で、共通に」
    take for granted:「当たり前と思う」
    make fun of:「からかう、笑いものにする」
    let ~ know:「知らせる」
    take care of:「世話をする」
    take advantage of :「利用する」
    keep track of 「把握する」
    get something wrong 「誤解する」
    for the time being 「当面は」
    for now 「差し当たり、今のところ」
    cut corners 「手抜きをする」
    come to think of it 「考えてみればぁ、」
    by any chance 「もしかして」
    blame 「~のせいにする」
    be up to 「~次第」
    be dying to「死ぬほど~したがる」
    be behind 「遅れている、たまっている」
    as I used to be「以前、~だったように」
    about to 「ちょうど~するところだった」
    according to 「~によれば」
    after all 「いずれにしろ」
    a little too 「ちょっと~し過ぎ」
    all day long 「一日中」
    all of a sudden 「いきなり、突然」
    all the way 「最後まで」


    無料レポート「学校じゃ教えてくれないネイティヴも驚く英会話表現集」
    学校じゃ教えてくれない。でも、ネイティヴがよく使う表現です。

    英会話表現はネイティヴが使う自然なものを学ぶのが一番! 海外ドラマで使われたものをそのまま解説いたします。 これ使ったらネイティヴもびっくりですよ!

    英会話表現を無料レポートにて、約3万人が読者登録中の無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は無料、不要になったらいつでも配信停止可能

    無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯不可)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
    ※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。


    更新履歴
    桜木町・東戸塚・保土ヶ谷で 『ボブとトシの英会話講座』 を開催中(ボランティア価格)詳しくはこちらです♪

    9/15 今日の英単語 dispute
    B: It is in the downtown historic district. B: ダウンタウン史跡地区にあります。 downtown historic district distri...

    この無料英語メルマガを申し込む




    今日のランキングを見てみる