ネイティブ英語感覚が身につく横浜の英会話教室:「学校英語よりやさしいネイティブ英語だからあなたも英語が話せる!
日常、旅行英会話の表現やTOEIC、ビジネスに役立つ学習法も紹介。無料英語メルマガを約3万人に配信中
  • 1年でTOEIC 900の秘訣
  • 英会話で使える。英文法解説
  • 初心者でも安心の英会話!
  • 英字新聞もスラスラ読める!

    通信簿2、偏差値30の英語嫌いが1年でTOEIC 900達成! 英会話の実質最上級レベルも到達した英語学習法、そして、そのきっかけとなった英会話に使える、英文法解説をご覧下さい。
  • 「野球場でチケットを買う」時の英語表現

    野球は、日本でも、メジャーリーグでも、いよいよ大詰めですね。

    一度でも「野球場」に足を運んだら、
    テレビでの映像も、身近で具体的になりますね。

    今日の例文は、メジャーリーグを見に行くときに、使ってくださいね。


    (日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)


    A: 水曜の野球のチケットは買えますか?
    B: はい、何人様ですか?

    A: どんな席がよろしいですか?
    B: 一塁に近い席が必要です。

    A: ゲームは何時に始まりますか?
    B: 3時に始まります。


    おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
    見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
    (あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)


    英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
    (すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)


    ハーイ、それでは、ど~ぞ~


    【英文+解説】
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
    想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。


    A: Can I buy a baseball ticket for Wednesday?
    B: Yes, for how many people?


    for Wednesday, for how many people

    前置詞は、2文字、3文字など、とっても小さいですし、
    ちょうど、日本語なら、「て、に、を、は、、、」なんて
    感じもしますから、

    、、、あまり重要視されてないかも、、、(笑)


    でも、その小さな単語に、「しっかりした」(複数の)意味を
    持っています。


    「 for how many people 」の、for の意味が分からないと、
    自分で英語を話すときも、

    「どの前置詞を使えばよいのか?」

    ピンと来ませんよね。


    for の使われ方の一つに、「(行動の)対象、目的を表す」
    があります。

    go for a walk   散歩に出かける

    A party was held for her. パーティは彼女のために催された

    a claim for damages  損害賠償の請求

    This train is for Tokyo. この列車は東京行きです。

    I gave him a book for his birthday. 誕生日の祝いに彼に本をあげた。

    その他にも、for は、

    「合計、範囲、期間」を表したり、

    「何と等価か?、何と比較してか?」を指したり、

    そして、不定詞では、「主語」を示すのにも使われます。


    前置詞の基本のイメージは、英文の解釈にとても重要です。
    すんなり理解できるようになるのに、こちらがオススメですよ。

    こちらです ⇒ 英文法解説

    A: What kind of seat do you have in mind?
    B: I need a seat that's close to first base.


    do you have in mind?

    mind は、英会話でとてもよく使われる単語です。
    動詞なら、「気にする」という感じの時に使われますね。

    mind と比較して理解したいのが、heart です。

    mind(心):思考・意志など、「頭の中、考え」が主です。

    heart(心):感情・情緒など、「胸の中、気持ち」が主です。


    in mind ですと、「頭の中」、考えを見ている感じがしますので

    I have ~ in mind.
    Do you have ~ in mind?

    と、「思っているアイディア、候補」などが言えますね。

    a seat that's close to

    英語の文の「基本の形」は、

    S(主語)V(動詞)O(目的語)

    ですが、もっと詳しく述べたい、説明を加えたいときは、
    不定詞、分詞、そして関係詞の出番です。

    I need a seat (席が必要です)
    that (seat) is close to first base(その(席)は一塁に近いです)

    ちょうど、seat の説明を加えるとき、「that それ」と言う感じが
    分かりやすいですよね。

    実は、関係詞と、疑問文(疑問詞)は、とてもよく似ています。

    疑問文が作れるなら、

    関係詞もうまく理解できるんですね。
    こちらは、初心者でも分かりやすいと好評な方法です。

    こちらです ⇒ 英文法解説

    A: What time does the game start?
    B: It starts at 3 pm.


    at 3 pm

    時間を表す前置詞には、at があります。

    こちらは、レストランなど「予約」の時によく言う表現です。

    Can I have a reservation for four at 3 (pm)?

    フォー?、スリー?何人の予約?何時の予約?
    数字だけ聞いてても、よく分かりませんね。

    前置詞は、確かに大事です!

    前置詞も分かります ⇒ 英文法解説


    聴くだけで学習できる、工夫された英会話教材スピードラーニングなら、
    無理に日本語を介さなくても、自然に身に付きますね。


    【編集後記】
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    英語を勉強するのに、いくつか方法があります。

    実はその中で、

    多くの人が「すぐ手を出したがる」勉強法で、

    私の生徒さんにオススメしていない

    ものがあります。


    何でしょう?ちょっと考えてみてください。

    、、、


    それは、

    「英単語を覚える」です。


    あっ、誤解しないでくださいね。

    英単語は、もっとも重要、基礎で、必ず必要ですよ。

    でも、
    英単語を暗記していくのは、意外と大変なんですね。


    若い頃を思い出してください。

    「来週、英単語の試験をします。出題範囲はこの200個です」


    もう必死で、試験当日まで覚えます。


    でも、、、

    そんな単語のいくつを覚えていますか?

    そして、会話でその単語をうまく使えますか?


    英単語を覚えるのに、ひたすら

    「 英単語 ⇔ 日本語訳 」

    を暗記しても、テストが終わったらすぐ忘れます。(涙)
    年をとれば、なおさらです。(涙)


    それに、第一、英会話でうまく使えないんですね。

    それは、

    「英単語の持つニュアンスを、『状況を通して』体験していない」

    からなんですね。


    今日、紹介しました mind も、

    mind :心、考え、注意する、気にかける

    と、日本語訳だけを暗記していては、うまく会話で使えないんですね。


    mind(心) ⇔ heart(心) を対比したり、

    良く使われるイディオムを理解したり、

    lose one's mind 思考を失う → 発狂する
    make up one's mind 考え、心を作り上げる → 決心する

    会話で良く使う言い方に慣れたり

    Would you mind ~ しても良いですか?
    I don't mind ~ しても構いませんよ
    Never mind ~ 気にしないでね


    そうすることで、初めて「自分の会話」で
    自信を持って使える単語になると思うんです。
    ~~~~~~~~~~~~~~


    単語帳を使って、ひたすら

    「 英単語 ⇔ 日本語訳 」

    を、一から丸暗記するのは、オススメできません。


    あなたが、「英単語を増やしたい」と思っているなら、

    自分が普段話すような「日常英会話」の例文や、
    海外で、自分が英語を話すときの文を、「英語で作ってみる」とか、

    そんな、身近な、必要な英単語を、
    例文や、状況を通して身に付ける

    ことをオススメします。


    もちろん、覚えていく「数」は、少ないでしょう。

    でも、「忘れません!!」

    結局、効率が良いわけですね。


    ネイティブが良く使う英語表現に慣れるには、
    自然に英会話表現に慣れてしまうスピードラーニングがオススメです。


    「英語の知識」と「英語が口から出てくること」は、別モノです。


    スピードラーニングは、耳からだけで、

    英会話表現 + (日本語での)意味 + 英語圏の生活観

    の3つを同時に習得できます。


    一度、ストーリーを把握すれば、
    細切れの時間でも、一つ一つの英語表現を集中学習できますので、

    ちょっと空いた時間でも、英会話学習が出来るんですね。

    コツコツ「ネイティブの英語音声を聴く」ことが、
    英会話上達の一番近道なんですね♪


    詳しくは →スピードラーニング体験談をご覧下さい。


    【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    このメルマガをどんどん友人、知人、
    同僚、家族に紹介してください!
    メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。

    このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。

    購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
    無料英語学習メルマガの購読


    お役立ちサイト:みんなの英会話奮闘記

    関連エントリー

    「趣味が山登りの事を話す」時の英語表現
    「釣りのえさや釣れたかを聞く」時の英語表現
    「釣りに関することを聞く」時の英語表現
    「個人トレーナーでダイエットする」時の英語表現
    「ダイエットを始める」時の英語表現
    「スポーツジムにサインアップする」時の英語表現
    「ジムでプログラムを作成する」時の英語表現
    「スーパーボウルの試合を見る」時の英語表現
    「バスケットボールの試合を見る」時の英語表現
    「エクササイズ後の食事」時の英語表現
    「ジムで運動する」時の英語表現
    「プレーを褒める」時の英語表現
    「試合の結果を話す」時の英語表現
    「テレビで野球中継を見る」時の英語表現
    「野球場でチケットを買う」時の英語表現
    「スポーツを勧める」時の英語表現
    「個人的なスポーツについて」時の英語表現


    無料レポート「学校じゃ教えてくれないネイティヴも驚く英会話表現集」
    学校じゃ教えてくれない。でも、ネイティヴがよく使う表現です。

    英会話表現はネイティヴが使う自然なものを学ぶのが一番! 海外ドラマで使われたものをそのまま解説いたします。 これ使ったらネイティヴもびっくりですよ!

    英会話表現を無料レポートにて、約3万人が読者登録中の無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は無料、不要になったらいつでも配信停止可能

    無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯不可)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
    ※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。


    更新履歴
    桜木町・東戸塚・保土ヶ谷で 『ボブとトシの英会話講座』 を開催中(ボランティア価格)詳しくはこちらです♪

    9/15 今日の英単語 dispute
    B: It is in the downtown historic district. B: ダウンタウン史跡地区にあります。 downtown historic district distri...

    この無料英語メルマガを申し込む




    今日のランキングを見てみる