● 今日の表現:「~と同じくらい A = B」

○ 例文:
きょうはきのうほど寒くない

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…
ミック: へい、トシ、今日はさびいねぇ~~~
トシ:へい、ミック、今日は昨日ほど寒くないよ!
ミック:でも、さびぃ~のは、さびぃ~ねぇ、おまえ「いやなやつ」ねぇ~
文章には、「nearly」を使いました。

今日のイメージは…
「する+前置詞(~のように)」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「~と同じくらい A = B」
as A as B

○ 例文:
It’s not nearly as cold as yesterday. 
きょうはきのうほど寒くない

今日も as です。もっとも「使い慣れない」単語の一つです(泣)こういう場合
は、実際によく見聞きする文でイメージをつかんじゃいましょう。
今日は、as A as B 「 A です、B と同じくらい」というおなじみの表現です。

まずは、たくさんの例文を見て、A = B になっていることを確認しましょう。
(プログレッシブ英和中辞典 第3版より)
He is as tall as you. 
彼は君と身長が同じだ
This box is three times as heavy as that one. 
この箱はあの箱より3倍重い
It is not as difficult as you might think. 
それは君が考えるほどむずかしくない
John is not as old as Mary, he is much older. 
ジョンはメアリーと同じ年ではない、ずっと年上です
He drinks as expensive a wine as he can afford. 
彼は財布の許すかぎり高いワインを飲みます

みなさん、実際、会話でこんな文章、言えますか?私にはとても難しいです。言
う前に、「A = B」をイメージする、準備する時間がかかるからです。どうして
も必要があれば、2回に分けて言うかもしれません。このように、
This box is so heavy! (一度、この言葉でクッションをおきます)
This box is three times as heavy as that one. 

難しいことを英語で言おうとすると、なかなか言葉が出てきません。いやぁ~な
沈黙がやってきますね。一度クッションをおけば、考える時間もありますし、相
手も待てますよ。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン