● 今日の表現:「~する限り・範囲と条件」

○ 例文:
私の知る範囲では、彼女はうちの学校で一番年配の先生だ。

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…
あの先生、うちの大学のことなら何でも知ってるよね。
今日は久しぶりにノーヒント。試験英語としても有名ですね。

今日のイメージは…
「範囲+前置詞(~のように)」です。イメージしました?
「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「~する限り・範囲と条件」
as far/long as

○ 例文:
As far as I know, she is the oldest teacher in our school.
私の知る範囲では、彼女はうちの学校で一番年配の先生だ。

今日も as です。
実際によく見聞きする文でイメージをつかんじゃいましょう。

前回までは、as A as B 「 A です、B と同じくらい」をやりましたが、この中
で、会話にとっても大事な2つの文を紹介します。

2つとも、「~する限り」という日本語を使うため、混同しますが、一つは「範
囲」、一つは「条件」を表します。

一つ目は、far を使った言葉です。far は距離や時間、程度で「はるか」を指し
ますよね。今日の例文では、「自分の知識の範囲」を表しています。

There is no one as far as I can see.
距離や程度で、「自分の見えるところまでは」という範囲を表しています。

We are willing to help you as far as possible.
これも、範囲(サポートとして扱える)を表していますね。

二つ目は long を使った言葉です。as long as [条件文] で、「条件が成り立つ
なら」という文を作れます。

You can stay here, as long as you keep quiet.
おとなしくしてさえいれば(条件)、ここにいてもよい。

As long as I don’t forget my credit card, I’ll be O.K.
クレジットカードさえ忘れなければ(条件)何とかなる。

この、2つは、会話でもよく使い、とっても便利です。ぜひ、あなたの英語袋に
入れて下さいね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン