● 今日の表現:「出来ている」

○ 例文:
とーふは大豆から出来てるよ。

===== Thinking Time =====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…

さて、あなたは「ガイジン」さんとランチを食べています。

ガイジンさんは、トーフを、この時初めて見ました。

「コレ、ナンデスカぁ」の質問に答えてあげましょう。

大豆は soy beans を使いました。

今日のイメージは…

「知っている+前置詞(分ける)」です。イメージしました?

「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

===== Thinking Time =====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「出来ている」
is made from

○ 例文:
Tofu is made from soy beans
とーふは大豆から出来てるよ。

前置詞「from」の「分ける感じ」を紹介しています。

from は、ソース(source、源)や原因を表しますね。

「とーふの原料(材料)は大豆」というのは、from にピッタリですね。

from が使われるのは、
実際のとうふが、元の大豆とは「すっかり」変わってしまったため、

「とうふ」と「大豆」が(見た感じ)離れているからですね。

見た感じそのまま、もしくは、原料(材料)が分かる場合は

from のところが、of になりますね。

of は「(元の)一部」というイメージがあります。

イディオムとして覚えるよりも、

このように、from や of の本来持つイメージをしっかり身に付ければ、簡単ですね。

自分で英語を話すときも、from か of か、で悩む必要はありません。

見たままですから。

英会話での「前置詞」の効果が分かりますね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン