● 今日の表現:「詳しく確認する」

○ 例文:
私は、法律家にその契約を詳しく調べてもらうよ。

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…

妻:いよいよ、あなたの夢の「独立」がもうすぐね。

あと、この契約書がまとまれば、問題ないのかしら?

夫:うん、そうだね。

弁護士に最終チェックしてもらわないとね。

「してもらう」は have 「人」+「動詞の原形」を使いました。

今日のイメージは…

「調べる+前置詞(越える)」です。イメージしました?

「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「詳しく確認する」
check over

○ 例文:
I’ll have my lawyer check over the contract.
私は、法律家にその契約を詳しく調べてもらうよ。

over には、「越える・全体」という意味がありますね。

私は、今日の例文は、over のニュアンスから、契約を「全体にわたって=over」、チェックする。
と思っていました。

でも、 check over は、「詳しく、徹底的に、入念に」調べるという意味だそうです。

ただ単に「全体にわたって」というだけではありませんでした。

それから、今日の例文は、人に何かやってもらう時の

I have 「人」+「動詞の原形」

という有名な文法ですね。

日本語では「使役」という説明ですが、「命令」ほどの強い感じではありません。

「お願い」というか、「担当の人がやる」そんな普通の感じです。

みなさんも、例文がでてきたら慣れるようにしましょうね。

英語ではごく普通の表現です。

「修理してもらう」、「機械を設置してもらう」など、

「自分」でやるのではなく「他の人、専門の人」がやることですね。

今日はおまけで、もう一つ check over の例文です。

The doctor checked her over and couldn’t find anything wrong.
お医者さんは彼女を検査したが、悪いところは見当たらなかった。

健康かどうか検査するときに使います。

病院で聞きそうな表現ですね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン