● 今日の表現:「偶然見つける」

○ 例文:
私はターミナルで、偶然、その3人の子供たちだけでいるのを見つけた。

=====【Thinking Time】=====(注:イメージを膨らませ、英文を作ります)

今日の例文は…

空港で迷子の案内が出ていた子供たちがようやく見つかりました!

発見して、届けてくれた方の話です。

「ターミナルで」は、in the terminal を使いました。

今日のイメージは…

「来る+前置詞(交差する)」です。イメージしました?

「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

=====【Thinking Time】=====(注:英文が出来るまで、下を見ちゃダメよ!)
(英語の例文は、表現の一例です。あなたのイメージした文が一番ですよ!)

● 今日の表現:「偶然見つける」
come across

○ 例文:
I came across the three kids alone in the terminal
私はターミナルで、偶然、その3人の子供たちだけでいるのを見つけた。

今日は across です。

「横切る」や「交差する」そして、何かをはさんだ「向かい」を指しますね。

「(偶然)出会う」という表現に、run into / bump into という表現を紹介しました。

動いている動詞に、into という前置詞が「ばったり出会う」という感じを出していました。

こちらも、come で移動している状況に、across 「交差する」イメージで、
偶然出会った、見つけた感じが出ます。

(実は、run across も似た様な意味であるんですね)

よく、生徒さんから質問で「どう使い分ければいいんですか?」と聞かれます。

正直、答えには困るのですが…

私は、「正確に使い分ける」ことは、それほど重要だとは思っていません。

(少なくとも表現に慣れていないうちは)

どちらでも、「待ち合わせて会った」わけでなく、偶然会ったことを表せますし、

実際の表現の違いは、理論よりも、実践で慣れていく方がより理解しやすいと思うからです。

テキストを読むのに必死で、「理解するまで使わない」より、

とにかく使って慣れる方が、こういう微妙な表現は早く理解できると思います。

会話の言葉や、イディオムは、それは、たくさんありますので、どんどん色んな表現をトライしてみましょうね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン