● 今日の表現:「帰ってくる」

○ 例文:
今夜は帰って(戻って)こないと思うなぁ。

===== Thinking Time =====

今日の例文は…

家、や仕事先、宿泊先のホテルなど、「今、会話をしている場所に戻る」という状況での会話の一部です。

こういう、ふつーうの文は、同じことを伝えるのにも、たくさんの言い方があります。

いつも私がクラスで言っているように、「どの言い方が正しい・間違い」ではなく、
自分の言いたいことを相手が分かる(伝わる)ことが大事です。

今日のイメージは…

「人が向かう+元に戻る方向」です。イメージしましたかー…

「英語袋」の中から、自分の「イメージの単語」を探してみてくださいね。
(-.-;)y-~~~

===== Thinking Time =====

● 今日の表現:「帰ってくる」
come back

○ 例文:
I won’t be coming back tonight.
今夜は帰って(戻って)こないと思うなぁ。

今日の例文は、実は「ちょっと」変わっています。

私も、最初、「さらっと」読んだ時は、気づかなかったのですが、書いてみると「おやおや」と
何が?

will と be ~ing (進行形)の両方を使っています。

こういう表現が表すニュアンス
(話し手はこの言い回しでどんな風に「帰らない」ことを言いたかったのか)
をつかめるようになる場合、

通常、2種類の過程があるのではないでしょうか?

一つは、
文のルール(文法)で、willのルールと、be ~ingのルールを勉強する。

もう一つは、
会話の状況から推測して、こういうフレーズを使いたい話し手の心理・状況・背景に慣れる。

実際、どちらの過程も必要でしょう。
(習うと慣れるですね)

英会話は、日常会話なので、読み書きに比べると、難しい単語や文学的な表現は少ないです。

だから、こういう話し手の微妙なニュアンスを知る言い回しをつかむ事がポイントになってきます。
(ドラマなんかでは、こういうのが面白い!)

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン